体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

100年ライフ「必要とされる人」であり続けるために「今」磨くべき“3つ”の力

100年ライフ「必要とされる人」であり続けるために「今」磨くべき“3つ”の力

終身雇用が崩れ、年金制度も不透明な今の時代。「60歳定年」は過去のものとなり、70代になっても働き続ける未来が現実的になってきました。

では、今後、年齢を重ねても「必要とされる人材」とはどんなスキルや姿勢を備えた人なのでしょうか。

今回お話をうかがったのは、人財・組織開発のプロフェッショナルとして多くの企業の変革を手がけるエッグフォワード株式会社・代表取締役社長、徳谷智史さん。さまざまな組織や人、働き方の変化を見てきた徳谷さんに「20代~30代のうちに意識して身につけておくべき力」をお聴きしました。

徳谷智史さん/エッグフォワード株式会社 代表取締役社長

企業変革請負人。組織・人財開発のプロフェッショナル。大手戦略コンサル入社後、アジアオフィス代表を経て、「いまだない価値を創り出し、人が本来の可能性を実現し合える世界をつくる」ことを目指し、エッグフォワードを設立。総合商社、メガバンク、戦略コンサル、リクルートグループなど、業界トップ企業数百社に人財・組織開発やマネジメント強化のコンサルティング・トレーニングなど幅広く手がける。近年は、先進各社の働き方改革、AI等を活用したHR-Tech分野の取り組みや、高校・大学などの教育機関支援にも携わる。

エッグフォワード株式会社

「前提として言えるのは、一つの会社組織の中でずっと働く時代ではなくなってきているということ。特定の組織の中だけで、その環境に適応していくような働き方では、80歳どころか数年後にも必要とされなくなるかもしれません。これからの時代は、いかに特定組織に依存せずに価値を出せるかが、重要になってきます」

徳谷さんが、組織に依存せず価値を出すために、「磨くべき力」として挙げるのは大きく分けて3つ。

「課題設定力」「変化創造力」「関係深化力」です。

1.「課題解決力」だけでなく「課題設定力」が重要

これまでの大手企業では、与えられた課題に対する「解決力」が求められてきました。それももちろん重要ですが、課題を与えられなくなったとき、つまり組織から離れて「指示してくれる上司や、過去のやり方」がなくなったとき、「何をしたらいいかわからない」という事態に陥ってしまいます。

誰かが目指す姿を示してくれる時代が徐々に終わりを告げると、自分自身で課題やゴールを設定する力が必要となってきます。

<課題設定力を磨くためにすべきこと>

まず、「自分は何をしたいのか」「自分はどうありたいのか」を考えることから始めてもよいでしょう。例えば、「なぜこの仕事をやろうと思ったのか」、「もしあと数年しか仕事ができなかったら何をしたいか」。自身の原点に戻って考えてみてほしいです。

そして、誰かに与えられた仕事の範囲外で、自発的に「これをやろう」という目標を設定し、行動する。「やりたいと思っていたプロジェクトに手を挙げる」、「新しい新規事業機会に応募して**を学ぶ」など些細なことでも構いません。

そうした課題や目標を一つでもいいので設定し、周囲の人に「これをやる」と宣言しましょう。アウトプットすることで、「やる」の意識を自分に植えつけることができます。

小さな課題設定を繰り返すというトレーニングを積むことで、大きな課題設定にも対応できるようになるでしょう。

また、チーム単位で課題や目標設定することもお勧めします。このチームの存在意義は何か、どんな未来を目指すのか、ビジョンやゴールをメンバーとしっかり話し合い、共有する時間を持つ。目線を合わせ「言語化」することが重要。お互いにプラスの刺激となり、やるべきことが明確になります。

大切にしているミッションを可視化し、常に目に入るようにしているチームは力を発揮していることが多いのです。

日々の仕事は単なる「タスク」になりがちですが、個人にしろチームにしろ、自ら課題を設定し、「これをやると、その先に何があるのか」を常に考える習慣をつけるようにしましょう。

2.「変化創造力」こそ、若いうちからトレーニングしておくべき

「変化創造力」とは、自ら「変化」に飛び込んでいく姿勢です。

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy