体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【台湾】もっふもふの体験が病みつきに。真っ白アルパカと遊べるカフェ!

アルパカカフェ

【台湾 台北】もっふもふ!真っ白アルパカと遊べるカフェ!
台湾の「Oia伊亞藝術咖啡館」はアルパカがいるカフェです。どのような状態でいるのかと言うとアルパカが普通にカフェの中を闊歩しています。

ドアを開けた時にはすぐ近くに二頭いて、椅子の下をもぐもぐ噛んでいました。ちょっとびっくりですね!

日本ではレストランの中に動物が放し飼いということはありえない。と思いますが、ゆるい台湾ならではです。日本人の観光客はあまり訪れることはありませんが、台湾の観光客には人気のあるところなんですよ。

【台湾 台北】もっふもふ!真っ白アルパカと遊べるカフェ!
【台湾 台北】もっふもふ!真っ白アルパカと遊べるカフェ!
割と空いていたので、お席を探して座ります。平日の午後の早い時間でしたので、割と空いていました。その後、後から人がたくさん入って来ました。

アルパカの中国語の発音にドン引きされる

筆者は台湾人の友達にアルパカカフェを紹介するために、何度もアルパカの中国語「草泥馬~草泥馬~(ツァウニーマー)」と言いました。

でも聞いている台湾人がなぜか引いているような微妙な表情をしていたのを不思議に思ったんです。

実は「草泥馬」は中国語の四声の発音をちょっと間違えると、英語では「F」で始まる下品な言葉と同じような意味になるそうです。後で別の人から意味を教えてもらい赤面しました。なので、発音に注意しましょう! 「アルパカ」と呼ぶ方がよいですね!

アルパカの注意事項

注意事項がいくつかあるのでご紹介します。

●アルパカにカバンや服を噛まれないようにしましょう。

人は噛まないようですが、服やカバンなどを噛まれます。「メニー」はよく噛みにきます。筆者は服の上着の裾を何度か噛まれました。あー!と、叫んでいると、お店の人が助けてくれました。

●アルパカに噛まれた場合は、お友達にアルパカの首に手を回して、引き離してもらいましょう。あるいはお店の人に助けてもらいましょう。

●紙類ティッシュなども机の上に置いておくとアルパカが食べてしまいますのでアルパカに見つからないように隠しておきましょう。

●飲み物や食べ物を頼んだときにアルパカに食べられないように気をつけましょう。もしアルパカがお料理などを食べてしまっても、同じものを無料でオーダーすることはできません。

●アルパカの後ろには立たないようにしましょう。蹴られる恐れがあります。

アルパカと遊ぼう

【台湾 台北】もっふもふ!真っ白アルパカと遊べるカフェ!
アルパカの背中を触ってみると、もふもふでとても気持ちがいいです。柔らかくてふかふかしています。このもっふもふの体験は病みつきになりそうです。

【台湾 台北】もっふもふ!真っ白アルパカと遊べるカフェ!
カシミヤセーターの原料なので、本当に肌触りの良い毛並みですね。

季節によってはアルパカの毛が刈られていることもあります。毛を刈られているアルパカはちょっと貧相ですね。以前毛を刈られていた時期に来たこともありますが、そのときはあまりアルパカには見えませんでした。

外にも動物が飼われています

外にも動物の柵があり、ポニー、アルパカ、ヤギが飼われています。

【台湾 台北】もっふもふ!真っ白アルパカと遊べるカフェ!
【台湾 台北】もっふもふ!真っ白アルパカと遊べるカフェ!
ここで飼われている動物達に餌を与えないようにしてください。動物たちは穏やかですが、手を伸ばして触るのは噛まれないように注意しましょう。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。