体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

照明器具ではなく「新しい友だち」のような存在

照明器具ではなく「新しい友だち」のような存在

『Pinokio』

Adam Ben-Dror & Shanshan Zhou 

動物みたいな動きに愛着を感じる、意味深な行動を追求したロボット。周囲の環境変化に気づき、とくに人に対しては豊かな表現をする。

ただの照明器具?それとも、便利な機械? たぶん、もっと新しい、友だちのような存在。Licensed material used with permission by Adam Ben-Dror & Shanshan Zhou 

関連記事リンク(外部サイト)

未来の照明は「光る植物」に取って代わるかも。
「僕らの仕事はアートではなくデザイン。相手に喜んでもらうことがすべて。」-岡安泉-(照明デザイナー)
見た目ほとんどエイリアンな間接照明。

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。