体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

五感で楽しむ紅茶体験!BAGみたいなティー「バッグ」。

五感で楽しむ紅茶体験!BAGみたいなティー「バッグ」。

毎日のティータイムを楽しみにしているという人は、紅茶を淹れるすべての工程を楽しんでいると聞きます。茶葉と取り出し、カップにお湯をジョボジョボと注ぎ、蒸らし、口に運ぶまで、五感を使って堪能しているのだとか。

そんなティーラバーに向けて、味や香りだけではなく「目でも紅茶を楽しんでもらいたい」という思いから、創業1879年のドイツの老舗紅茶店〈Hälssen&Lyon〉は、こんな新しい紅茶の提案をしています。

それは、ハンドバッグのようなデザインのティーバッグ

本物のハンドバッグのように
一つひとつ手作りで。

五感で楽しむ紅茶体験!BAGみたいなティー「バッグ」。五感で楽しむ紅茶体験!BAGみたいなティー「バッグ」。五感で楽しむ紅茶体験!BAGみたいなティー「バッグ」。

ティーバッグのデザインを手がけているのは、世界中活躍しているハンドバッグデザイナーAyzit Bostanさん。

小さなショッパーの中には、まるで本物のハンドバッグのようなティーバッグが入っていて、これだけでもワクワクしちゃいます。五感で楽しむ紅茶体験!BAGみたいなティー「バッグ」。

本物のハンドバッグ同様、一つひとつ手縫いで作られているところにこだわりを感じます。デザインは5パターンあり、どれもリアリティがあってキュートですよね。

使い捨ててしまうのがなんだかもったいない。

伝統に甘んじない
老舗の新たな取り組み

五感で楽しむ紅茶体験!BAGみたいなティー「バッグ」。五感で楽しむ紅茶体験!BAGみたいなティー「バッグ」。五感で楽しむ紅茶体験!BAGみたいなティー「バッグ」。五感で楽しむ紅茶体験!BAGみたいなティー「バッグ」。

使い方は、従来のティーバッグ同様、カップに熱湯を注いで3〜5分間蒸らすだけ。

フォトジェニックな見た目だけでなく、紅茶としての豊かな香りと味わいも老舗ブランドならではです。

 五感で楽しむ紅茶体験!BAGみたいなティー「バッグ」。

伝統の味を大切にしながら、新しい試みを忘れないHälssen&Lyon。

これからもたくさんのファンを魅了していくことでしょうね。Photo by photography by Imke Jansen and KOREFELicensed material used with permission by KOREFE

関連記事リンク(外部サイト)

熊本県天草発「イルカのティーバッグ」が可愛いすぎる
どんなビールでも「クラフト化」してしまうティーバッグが登場
「使用済ティーバッグ」をアーティストに渡した結果・・・

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy