体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ZEDD、18歳シンガー・RIRIを絶賛! 「ものすごくパワフルなシンガー」

ZEDD、18歳シンガー・RIRIを絶賛! 「ものすごくパワフルなシンガー」
J-WAVEで放送中の番組「STEP ONE」(ナビゲーター:サッシャ・寺岡歩美)のワンコーナー「MUSIC +1」。3月27日(火)のオンエアでは、先日、来日公演を行ったZEDDのスペシャルインタビューをお送りしました。

前回来日時にサッシャがインタビューした際は、アレッシア・カーラをフィーチャーした「Stay」のリリース直後でしたが、その後「Stay」はストリーミング再生数15億回を突破する驚異的なヒットとなりました。

ZEDD:この「Stay」からアプローチをかえて、それまでは3年ぐらい曲を貯めて出していたのを、出来上がったらすぐリリースするようになった。フレッシュな状態でみんなに届けている。数字や結果をみるとそれも影響しているのかな。

■現在の音楽シーンについて

2013年のEDM最盛期に登場し、その後のトロピカルハウスやダウンビートなどのブームも経験してきたZEDDですが、現在の音楽シーンについてどんなことを感じているのでしょうか?

ZEDD:ミュージシャンにとって、今は音楽を作るには素晴らしい時代だと思う。昔のほうがよかったという人もいると思うけど、そんなことはなくて、今はどんなジャンルの人とも自由にできる。たとえばカントリーシンガーのマレン・モリスと共演していることに、今は誰も疑問を持たなくなかった。5年前だとそうじゃなかったし、6年前「Clarity」を発表したときも「こんなのはアメリカのラジオじゃかからないよ」と言われた。6年経ったら色々なジャンルの曲をかけたり、作るプレッシャーがなくなって時代が大きく変わったと思うよ。

18歳のシンガー・RIRIが「Stay」をカバーしています。同曲を聴いたZEDDの感想は……。

ZEDD:「Stay」のカバーを聴くまで彼女に注目してなかったんだけど、聴いたら「上手いな」と思った。ただ、今はコンピューターでいじれるから本当はどうなのかなと思ったんだけど、共演前のリハーサルを生で聴いたらものすごいパワーもあって音域も広くて驚いた。性格もかわいいし、またコラボレーションしたいと思っているよ。

■日本のオーディエンスは?

日本のオーディエンスについては「最初に来たときに比べて革命がお客さんの中で起きていると思った。以前は踊ったり歌ったりするのを怖がっているところもあったけど、今は自由に歌ったり踊ったり、しかも歌もみんなピッチが合ってるんだよね」と言っていました。

今後の予定は、2つのプロジェクトが控えているそう。ひとつはエレクトロミュージックとオーケストラを融合したクラシック作品と、もうひとつはシングルで、トラックは完成していてこれからシンガーを探すとのことでした。特に「シンガー探しは2ヶ月から10ヶ月かかるときもある」と明かしていましたが、どちらのリリースも期待が高まります!

この記事の放送回をradikoで聴く
※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「STEP ONE」
放送日時:月・火・水・木曜 9時−13時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/stepone/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。