体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

堀潤「ニュースを作るのはマスメディアだけじゃない」 豊かなメディアとは

堀潤「ニュースを作るのはマスメディアだけじゃない」 豊かなメディアとは
J-WAVEで放送中の番組「GROOVE LINE」(ナビゲーター:ピストン西沢)。3月28日(水)のオンエアでは、堀 潤さんが登場! 個人がメディアで発信する重要性について語りました。

堀さんの著書『堀潤の伝える人になろう講座』が、3月7日(水)に発売されました。

:毎月1回、友人たちのメディアと一緒に恵比寿で講座をやっています。恵比寿新聞っていう地域ウェブメディアがあって、そこのみんなとタッグを組んでワークショップをずっと開いてきたんです。この本は、そこでみなさんと共有してきたノウハウなどを1冊にまとめたものです。

■ニュースを作るのは、マスメディアだけじゃない

今は誰もが発信できる時代。堀さんは「ニュースを作るのはマスメディアだけじゃない」と話します。しかし「発信することに対して恐怖心を抱えている人もいる」と続けます。

:日本はツイッターの利用者が多いと言われていますが、その多くが閲覧専門アカウントだったりします。何かぽろっとつぶやいて一斉に袋たたきにあったり、何気なくあげた写真が「これ、法律に違反しているぞ」となってしまったり。
西沢:SNSって使い方を一歩間違えたら、袋たたきにあう危険性がある。「やりすぎじゃないか」というのも多々あるし。そういったことから撤退するだけじゃなくて、ふさぎ込んじゃって毎日つまらなくなっちゃう人もいるでしょうしね。
:ツイッターが始まった頃って、結構牧歌的だったと思うんですよ。つぶやきだから人がどこで何をつぶやこうが「はは、そういうこと思ったんだね」ぐらいだったものが、いつの間にか誰か自分の意見と合わない人を打ちのめして気持ちよくなる、スカッとするためのツールみたいなところも一部で起きてきて。なんとかしたいなって思いもあったんですよね。

■堀さんが考える、「豊かなメディア」とは

続けて、堀さんは「豊かなメディア」について以下のように語りました。

:100人いれば100通りの好きなこと、専門、経験があるじゃないですか。それがどんどん現場から打ち上がっていくことが豊かなメディアだなって思うんです。今はどのチャンネルつけてもずっと証人喚問をやっています。それが終わったなと思ったら相撲の不祥事をやっている……みたいな。どのメディアをつけても同じようなことをやってたらおもしろくないよね。それよりみんなを見てごらんよって思うんです。むちゃくちゃおもしろい話やおもしろい人たちがいっぱいいるのに、なんでその人たちのことに目を向けないんだって。

堀さんの著書『堀潤の伝える人になろう講座』、ぜひチェックしてみてください!

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「GROOVE LINE」
放送日時:月・火・水・木曜 16時30分−19時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/grooveline/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy