体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【お取り寄せグルメレビュー】北海道、宮城、福井、兵庫のご当地スープを飲み比べてみた

自腹で飲み比べ! 実際どれが一番おいしいのか

CHINTAI編集部が“自腹”でお取り寄せをしてレビューする本企画。4人の編集部員が各自5点満点で評価するので、それぞれの商品の満点は合計20点。4つの商品をメリハリつけて自分の好みのままに独断でレビューする。

今回はほっこりしたい時にいただきたい「ご当地スープ」! 地元特産の素材を使った個性豊かな商品がそろった。

作り方もさまざまな北海道、宮城県、福井県、兵庫県の4種類をレッツ飲み比べ!
北海道、宮城県、福井県、兵庫県のご当地スープを飲み比べてみた!

北海道、宮城県、福井県、兵庫県のご当地スープを飲み比べてみた!北海道 牡蠣の町で生まれたスープ(400円)

北海道厚岸町産の牡蠣を使った中華仕立てのスープ。鶏ガラと魚介の風味が効いていて、ご飯を入れて雑炊にしても◎。温めてすぐに食べられる一品。
合計:10点
北海道の牡蠣の町で生まれたスープ【お取り寄せグルメレビュー】北海道、宮城、福井、兵庫のご当地スープを飲み比べてみた

北海道の牡蠣の町で生まれたスープ

小川史晃:3点
しっかりとした牡蠣の身が入った贅沢スープ。中華ベースで海鮮のダシが効いており、うま味を感じることができる。味は濃いめで良いのだが磯の香りが強く、全体としては苦手に感じた。海鮮好きの方にはオススメの一品。

松ヶ枝優佳:2点
白ごまの風味が活かされた鶏ガラベースのスープだが、一口目でかなりしっかりとした「魚介」感を主張してくる印象。プリっとした牡蠣の身もうれしく、魚介好きな方にはたまらないのでは。個人的にはもう少し薄味の方が好み。

西川将広:3点
牡蠣好きの私にとって、今回のレビューで最も楽しみにしていた商品。牡蠣のプリッとした食感は楽しめたのだが、スープの味付けが濃く、牡蠣のうま味が感じられなかったのでこの評価。濃いめの味を活かして雑炊にチャレンジしたい。

山口香織:2点
ゴロっとした大きめの牡蠣が入っているのには驚き! だけどスパイスや塩加減がパワフル過ぎて、バランスが悪いように感じた。そのまま食べるよりは雑炊や茶わん蒸しなど料理としてアレンジした際に真価を発揮しそう。宮城県 ふかひれ濃縮スープ(広東風)[3~4人前](280円)

気仙沼産のフカヒレを使ったスープ。鶏ガラや豚骨、魚介類、香味野菜などのうまみを引き出した。仕上げに溶き卵を加え本格的なとろみを家庭で味わえる。
合計:18点
宮城県のふかひれ濃縮スープ|【お取り寄せグルメレビュー】北海道、宮城、福井、兵庫のご当地スープを飲み比べてみた

宮城県のふかひれ濃縮スープ

小川史晃:5点
口に入れた瞬間から広がる贅沢な濃厚中華スープの味と香り。タケノコやシイタケなど、具材もしっかりと食感を楽しめる大きさで入っている。適度なとろみと加熱時に加えた溶き卵が交わり、これぞフカヒレスープという食感。

松ヶ枝優佳:5点
女性にオススメしたい、コラーゲンたっぷりのふかひれスープ。忙しい時も、水と溶き卵一つで簡単に本格中華の味が楽しめる。幅広い層に好まれる広東風の味付けで、軽く食べたい時はこのスープとご飯だけでも十分満足できそう。

西川将広:4点
卵を後から入れるタイプなので“ふんわり感”が楽しめる。フカヒレのコリコリした食感も癖になりそう。鶏ガラのダシが濃いめなので、好みに合わせてお湯の量を調節して食べても良さそう。お湯を注ぐだけで食べられればなお良し。

山口香織:4点
その名の通りフカヒレもたっぷり入っていたが、香りから味までシイタケ由来のダシがしっかり出ていた点が好印象。見た目よりあっさりしていて食べ飽きず、かきたまとトロミが冬にうれしい。この値段と量なら納得の高コスパ。福井県 ゆかりの 福井打ち豆汁(291円)

曹洞宗・永平寺の行事「報恩講」の時期に提供される精進料理。豆の味を味わえるよう仕上げた。各地の汁物をフリーズドライした「ゆかりの」シリーズ。
合計:17点
福井県のゆかりの 福井打ち豆汁【お取り寄せグルメレビュー】北海道、宮城、福井、兵庫のご当地スープを飲み比べてみた

1 2次のページ
CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。