体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

里帰り出産から戻ってみたら…夫が「できる夫」になっていて感激!

f:id:akasuguope01:20180115213918j:plain

1人目、2人目の出産時、私は実家で里帰り出産しました。

当然3人目もそうなると思ったのですが、3人目の妊娠がわかった時、旦那に自宅近くの病院で出産してほしいと言われました。その理由は、里帰り期間中自分が1人で寂しいからとのこと…。

普段は子どもたちが騒いでいるのが当たり前の我が家。突然1人になったら確かに寂しいのもわかりますが、私の体調よりも自分の都合を考えていたことに腹が立ちました。

旦那が積極的に産後のサポートをしてくれるのなら助かるのですが、我が家は最近よく聞く「ワンオペ育児」。

子どものことはとても可愛がってくれているのですが、育児というよりはただ一緒に遊んでいるだけ。もし3人目を里帰りせずに出産し、自宅で産後すぐから3歳と2歳の子供と新生児のお世話を同時に始めると思うと、とてもじゃないけれど体がもちません。

私は、旦那に里帰り出産をしたいと伝えました。

旦那は腑に落ちないような顔をしていました。

ですが、里帰り後の自宅での生活をちゃんと始めるためにも、体力の回復をはかりたいので、産後1ヶ月は実家のお世話になりたいと説明して、なんとか納得してもらいました。

旦那もさすがに3人目という自覚も芽生えたのか、それなら帰ってきたときに過ごしやすいように準備をしておくと言ってくれました。 関連記事:家事ができない夫もがんばった! 里帰り出産は夫婦お互い成長する貴重な経験に

長女の幼稚園の準備などもあり、ギリギリまで里帰りをせずに自宅で過ごしたのですが、さすがに臨月になると体力の消耗も早く感じました。

なんだかんだで、予定日の2週間前に里帰りしましたが、経産婦は分娩時間が短かいとか、予定日より早く産まれるといわれるので、2週間前まで帰らないなんて危ないと、あとあと病院で注意を受けてしまいました。

そして3人目を無事に出産。長女と次女も赤ちゃんに興味津々で可愛がってくれて、私も実家の母に協力してもらったおかげで余裕を持って3人の子育てを始められました。

産後1ヶ月後、私は自宅に帰りました。すると家の中がとてもキレイで感激!

旦那は言葉通り、私と子どもたちが帰ってくるまでに、家の大掃除や家電の新調など、家族が快適に過ごせるように準備をして待っていてくれたのです。 関連記事:夫に父親としての自覚が芽生えたきっかけは、「妊婦用アプリ」だった

里帰りを反対された時は頭にきましたが、私が産後体力の回復を図っている間、私たちが快適に過ごせるように家の中の準備をしていてくれた旦那に、とても感謝しています。

f:id:akasuguope01:20171212153012j:plain

著者:エイミー

年齢:33歳

子どもの年齢:3歳、2歳、0歳

23歳年上の旦那さんと、年が近い3きょうだいをバタバタしながら楽しく育てています。調べものをするのが好きなので、子連れで出かけられる場所、食事できる場所をネットでよく検索しています。やっと終わった授乳がまた始まり寝不足ですが、それもいい思い出にできるよう現在奮闘中です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

出産がテーマのテレビドラマに感謝! 2人目妊娠中、夫の変化に驚きました
ママがいないとギャン泣きだった娘が、パパと留守番できるようになった理由とは
究極の寝不足の私を救ったのは…旦那さんのまさかの神対応! by まいこ

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。