体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

音楽配信プラットフォーム「ZIMRII Music」、ブロックチェーンで作品をファンに直接届ける!

著作権管理によって作品の流通を変えるイノベーションと期待されていたブロックチェーン技術だが、フォトグラファーの著作権を守る「KODAKOne」の登場が示すように、ここにきて社会実装が進みつつある。

今回は音楽配信のためのブロックチェーンソリューションをご紹介する。シドニー発の音楽配信プラットフォーム「ZIMRII Music」はアーティストが搾取されることなく作品を配信できるものだ。詳しく見ていこう。

・戦略立案やプロモーションもアーティスト自身で

現在、登録アーテイストを募っているZIMRII Musicでは、音楽配信や著作権管理ができる。プラットフォーム上での音楽およびチケットの購入履歴はブロックチェーンに記録される。また、アーティストはこれをもとにした分析も可能だ。

クラウドファンディングなどのキャンペーンやギグなどのイベントをはじめ、プロモーションもアーティスト自身がおこなえるので、レーベルなどの仲介業者が不要。カットしたコストをファンに還元することもできるだろう。

熱い想いを持って作品を作るアーティストとそれを応援するファンはいても、余計なコストがかかることが活動の障壁になってきたが、スマートに作品を流通させることで、ミュージシャンは正当な収益が得られるようになるかもしれない。

・「Voise」や「OPUS」といったプラットフォームも

OPUSアプリのデモ画面音楽のP2Pマーケットを形成するブロックチェン・プラットフォームには、「Voise」や「OPUS」といったものも登場していて、それぞれEthereumをベースにしたシステム上で稼働する予定だ。

どちらもアーティストの高収益性を保証し、透明性の高いやり取りをうたっている。

コンセプトが素晴らしいこうしたプラットフォーム普及のカギは、質の高いアーティストや曲を増やせるかと、レコメンドや検索といった機能を充実させられるかで、これについては各プラットフォームとも力を入れているようだ。

また、現在はEthereumや独自トークンによるペイメントも一般化しているとはいえないため、ユーザーの熱い想いが市場のシフトを促すきっかけとなることを願う。

ZIMRII Music

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。