体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ターゲットは1億人、手話スタートアップが目指す未来

ターゲットは1億人、手話スタートアップが目指す未来

Googleが残した「手話」の翻訳

Google翻訳が登場したのは2006年。それから10年以上たった今100以上の言語に対応しています。

ただし、それは話せる言語の話。「手話」が残されていたのです。Google Gestureというアイディアもありましたが、実現はならず。

今回紹介するSignall社には15人の画像解析や自然言語処理(人間が使っている言語をコンピューターに処理させること)の研究者が集まり、英語手話を翻訳するシステムを開発。

現在銀行や病院、レストランなど協力してくれるパートナーを募っています。ターゲットは1億人、手話スタートアップが目指す未来

独自のニュアンスまである複雑な「手話の世界」

ボクらが話している時、声の大きさやスピード、カラダの動きで微妙なニュアンスが伝えられるように、手話にも独自のニュアンスとマナーがあります。

それは手の向きや形、動きはもちろん、その動きの速さや顔の表情で伝えられるのです。

彼らは別々のアングルに設置された3つのカメラと深度センサーを使うことで、複雑な「手話の世界」をコンピューターに認識させています。

これによりニュアンスまで含めた自然な英語をモニターに表示させることに成功しました。ターゲットは1億人、手話スタートアップが目指す未来

英語手話を使う人口は米国だけでも50万人、世界中には約1億人いると言われています。

日本では約30万人が聴覚になんらかのハンディキャップを持っています。現在彼らの社会参加が進むに連れ、手話通訳士の人手不足が問題になっています。

残念ながら日本語手話には対応していないのですが、彼らのテクノロジーが聴覚障害者とのコミュニケーションをスムーズにしてくれる可能性は高いでしょう。Reference: 日本手話通訳士協会, 「平成25年度版 障害者白書」内閣府Licensed material used with permission by Signall

関連記事リンク(外部サイト)

英語を、その場で翻訳してくれるデバイス「ili(イリー)」がスゴイ・・・
GoogleがNYに5日間限定で多国籍レストランをオープン。そこで活躍したのが・・・
Googleが生産性を爆発的に上げるためにやっている「4つのコト」

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy