体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ノーベル文学賞のカズオ・イシグロ 最初に読むならコレ!

1804015

2017年の「ノーベル文学賞」を受賞したカズオ・イシグロ。今から彼の作品を読んでみよう、というなら、まず『わたしを離さないで』からはどうだろう。

2017年にエミー賞を総なめにしたドラマ「The Handmaid’s Tale/侍女の物語」の世界観にもどこか通じるような物語は、1冊目としておすすめ。

日本では、2014年に蜷川幸雄演出・多部未華子主演により舞台化され、2016年には綾瀬はるか主演でテレビドラマ化されたので、ストーリーは知っているかもしれないが、多様化する個人のあり方、思春期の葛藤、アイデンティティの獲得…今、改めて読みたい作品だ。

***
自他共に認める優秀な介護人キャシー・Hは、提供者と呼ばれる人々を世話している。キャシーが生まれ育った施設ヘールシャムの仲間も提供者だ。共に青春の日々を送り、かたい絆で結ばれた親友のルースとトミーも彼女が介護した。キャシーは病室のベッドに座り、あるいは病院へ車を走らせながら、施設での奇妙な日々に思いをめぐらす。図画工作に極端に力をいれた授業、毎週の健康診断、保護官と呼ばれる教師たちの不思議な態度、そして、キャシーと愛する人々がたどった数奇で皮肉な運命に――。
***

カズオ・イシグロの1冊目として本書を読み終わったら、次は、同じく映画化されている『日の名残り』か、短編集『夜想曲集: 音楽と夕暮れをめぐる五つの物語』を。

『わたしを離さないで』
カズオ・イシグロ
早川書房
1,800円
Amazon

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。