体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『フィアー・ザ・ウォーキング・デッド』シーズン4の最新予告編に、本編に登場するあの人気キャラクターが登場!?

『フィアー・ザ・ウォーキング・デッド』シーズン4の最新予告編に、本編に登場するあの人気キャラクターが登場!?

4月15日は米AMCにとってビッグイベントの日だ。放送中の『ウォーキング・デッド』シーズン8がフィナーレを迎え、直後に『フィアー・ザ・ウォーキング・デッド』シーズン4がスタートするのだが、なんとあのオリジナルの本編に登場するレニー・ジェームズ演じるモーガンがスピンオフ・シリーズにも登場するようだ。エンタメニュースサイト『Vairety』が報じるように、AMCは、視聴者に心の準備をさせるべく、去る日曜夜に『フィアー…』の新しい予告編を公開した。

モーガンはどうやら相当辛い思いをして来たようだ。彼は、「東の方で戦いがあった。大きな戦いだ。止めようがなかった。良い人間が死んだ。人間を失い、そして自分も失うんだ」と予告編で語っている。

そしてモーガンはクラーク一家と出会う。『フィアー・ザ・ウォーキング・デッド』シーズン4のあらすじによると、これが物語に新しい視点を与えるという。

「『フィアー・ザ・ウォーキング・デッド』シーズン4では、キム・ディケンズ演じるマディソン・クラークとその家族の世界を新しい視点から見ることになる。それは『ウォーキング・デッド』からやって来たモーガン・ジョーンズの視点だ。モーガンのごく最近の過去が、新たな友人、敵、脅威に出会うことにより、もがき苦しむ現在に新しい発見が交錯する。ある時は共に戦い、ある時はお互いに敵対し、またある時は”ウォーカー”と戦い、崩れ落ちていく生命の重圧に対して、どうにか自分たちの存在を確立していく」

確かに、最新の予告編は、このあらすじに出て来る内容をまんべんなく含んでいる。

https://www.youtube.com/watch?v=YKIpn3Jt97Q

また、AMCは、モーガンが『ウォーキング・デッド』から『フィアー…』へ至るまでの道のりを描いた『モーガンの旅路(Morgan’s Journey)』という30秒のプロモ動画を公開、モーガンの紆余曲折ある激動のストーリーを映像化している(本稿執筆時点でこちらの映像は日本からは視聴不可)。 スピンオフ・シリーズにモーガンがどのように馴染んでいくのか注目したい。

■参照リンク
http://www.moviefone.com/

関連記事リンク(外部サイト)

トム・ハーディ、新作伝記映画で暗黒街の帝王アル・カポネに扮した自身の画像を披露!
キャリー・フィッシャーがオスカー・アイザックを何度もビンタ!?『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のNG集が公開【映像】
ベン・アフレック、巨大なタトゥーに対する行き過ぎたバッシングに反撃ツイート
『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』、5枚の最新ポスターに憶測が飛び交う
『LOST』デイモン・リンデロフ、新作アクション・スリラー映画で『ゲット・アウト』プロデューサーとタッグ!

AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。