体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

移動式オービス3タイプでレーザー式はどれだ?

移動式オービス3タイプでレーザー式はどれだ?

「オービス」と呼ばれる速度自動取り締まり機の設置には大掛かりな工事が必要です。このため、オービスは高速道路や幹線道路での利用がメイン。そして、1度取り付けたらその場での半永久的な使用が前提でした。しかし、生活道路の速度違反の取り締まりに対応するために移動式オービスが登場したのです。

移動式オービスには3タイプある

近年、警察の課題となっているのが通学路など生活道路での事故対策。また、オービスの取り締まり地点が“固定化”してしまうことも課題でした。そこで警察庁では、フレキシブルに対応できる移動式オービスの導入を進めているのです。

そんな移動式オービスには「可搬式・半可搬式・固定式」の3タイプがあります。そして、そのうち固定式の通称「iM」が、2016年3月に埼玉県北本市と岐阜県大垣市に設置されたのです。

「固定式」の移動式オービスは、標識のようにポールを埋めて設置するタイプ。ワーニングライトやスピーカーを装備していて、ライトや音声で警告します。固定式とはいえ、一定期間での移設も可能でしょう。

移動式オービスがレーザー式に変更

固定式は、車速をレーダー波で計測します。ただし、ヨーロッパ製のため国内で使用されているオービスとは周波数が異なっているのです。なお、今のところは警告のみで取り締まりをしていないといわれています。

「半可搬式」の移動式オービスは、バッテリーを内蔵した台座の上に感知部を搭載するタイプ。当初はレーダー波による測定でしたが、突如「レーザー式」に変更されました。レーザー式は現行のレーダー探知機ではキャッチできません。

「可搬式」の移動式オービスは、ストロボと感知部をそれぞれ三脚に載せて使用するタイプ。分解して持ち運べるのが特徴です。現在はレーダー波で車速を測定していますが、こちらもレーザー式に変更されるといわれています。

関連記事リンク(外部サイト)

白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
オービスの速度違反は車線をまたぐと測定不能?
ネズミ捕り対策はスマホの取り締まりアプリ!

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy