体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本はワースト1位?世界10か国の有給取得率ランキング

日本はワースト1位?世界10か国の有給取得率ランキング

世界最大級の総合旅行サイト・エクスペディアの日本語サイト、エクスペディア・ジャパンが、2017年の世界の有給取得率調査の結果を発表しました。

2017年の有給休暇利用率が高かった順、有給休暇支給日数が多い順に、各国の有給休暇事情をまとめたのでご紹介します。

 

1位 ブラジル

photo by pixta

有給休暇利用率100%、有給休暇支給日数30日、有給休暇消化日数30日

ブラジルは、長期休暇を取る割合もダントツ1位の国で、中には12月に1年分を消化し、引き続き1月に翌年分を取得して、2か月も続けて休んでしまう人もいるようです。

長期休暇には旅行しているのかというとそうではなく、一生に海外旅行を1回できる人の割合は全国民の10%未満とのこと。

じゃあ休暇には何してるの?というと、他の仕事をするのだそうです。えっ、それでは休んではいないことになるのでは…?

 

2位 フランス

photo by pixabay

有給休暇利用率100%、有給休暇支給日数30日、有給休暇消化日数30日

バカンス大好き、しょっちゅうバカンスしている人が多い印象のフランス。「休暇中は、休暇に出た人の業務やサービスがストップする」ことは当然と受け止められていて、そこから不満は出ないのだそうです。

100%利用ということなので、あなたが休暇から戻ってきたら次は私の番、お互いさま、という感覚があって許せるのでしょうね。「ちゃんと休暇を取らないと、死んでしまう」という考え方さえあるようです。

 

3位 スペイン

photo by pixabay

有給休暇利用率100%、有給休暇支給日数30日、有給休暇消化日数30日

「休暇を取ることは、働く者として当然の権利」という考え方が浸透しています。

休暇だけでなく、普段の働き方においても、しっかりとシエスタの時間を取ったり、ランチ休憩は2時間とる企業も多いなど、「休む」ことの重要性が古くから理解されています。

 

4位 オーストリア

photo by pixta

有給休暇利用率100%、有給休暇支給日数25日、有給休暇消化日数25日

オーストリアでは、病気による欠勤は有給休暇から引かれません。医師の診断書があれば、病欠した日数分は後から有給休暇として戻されます。

オーストリアの人には年間25日、完全に「有給休暇」として過ごせる環境が整っているのです。

 

5位 香港

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。