体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【台湾】タピオカミルクティーとは一味違う?黒糖タピオカミルクがおいしい!

【台湾】タピオカミルクティーとは一味違う?黒糖タピオカミルクがおいしい!
台湾のタピオカドリンクは地元の方にも観光客にも大人気。台湾に行ったらタピオカミルクティーはぜひ飲みたい!という方も多いのではないでしょうか。タピオカミルクティーももちろんおいしいのですが、タピオカ好きの方にぜひ試していただきたいのが「黒糖タピオカミルク」です。

タピオカミルクティーと同じじゃないの?

【台湾】タピオカミルクティーとは一味違う?黒糖タピオカミルクがおいしい!
言うまでもないかもしれませんが、タピオカミルクティー(珍珠奶茶)とはミルクティーにタピオカが入ったドリンクです。一方「黒糖タピオカミルク」は、黒糖でじっくり煮込んだタピオカに新鮮な牛乳を加えたドリンクです。お茶が入っていないので、カフェインが苦手な方でも安心して楽しめます。

「もちもちの黒糖タピオカ」と聞いただけでワクワクしてくる!というような方であれば、一度飲んだら虜になってしまうかもしれません。黒糖タピオカミルクを楽しめるお店は台湾に数多くありますが、特におすすめはこちらの2店です。

黒糖タピオカミルクの有名店!MRT公館駅近く「陳三鼎」

【台湾】タピオカミルクティーとは一味違う?黒糖タピオカミルクがおいしい!
台北で黒糖タピオカミルクの有名店といえば、台北MRT公館駅近く「陳三鼎」です。「青蛙撞奶(チンワー・ジュワンナイ)」と呼ばれる黒糖タピオカミルクが大人気で、いつも行列ができています。

【台湾】タピオカミルクティーとは一味違う?黒糖タピオカミルクがおいしい!
ドリンクはどれも1杯40元(約144円)とお手頃価格。

【台湾】タピオカミルクティーとは一味違う?黒糖タピオカミルクがおいしい!
煮込まれた黒糖タピオカはまだあたたかく、カップを手に持つと冷たい牛乳との温度差を感じます。氷の量はお好みで調整可能です。

一口いただくと、黒糖の甘さがしみ込んだ大き目のタピオカがとにかくもちもちでおいしい!新鮮な牛乳に黒糖シロップがまざりあったほんのりとした甘さもたまりません。この黒糖タピオカミルクを飲むためだけに公館に行ってもよい、と思ってしまうようなおいしさです。

陳三鼎
住所:台北市中正区羅斯福路三段316巷8弄口
営業時間:11:00~21:30
定休日:月曜日

チェーン店なら「珍煮丹」の黒糖タピオカミルクが人気

【台湾】タピオカミルクティーとは一味違う?黒糖タピオカミルクがおいしい!
ドリンクスタンドのチェーン店なら「珍煮丹」の黒糖タピオカミルクがおすすめです。台北を中心にいくつも支店があるので、公館までは足を運べないという方でも気軽に味わうことができます。店舗デザインはレトロで落ち着いた雰囲気があり、素敵です。

【台湾】タピオカミルクティーとは一味違う?黒糖タピオカミルクがおいしい!
ドリンクの注文の際はまず「點餐區(ORDER)」と書かれている列に並びます。注文が済むと番号が書かれたレシートを渡されるので、自分の番号が呼ばれるかモニターに表示されるのを待ちましょう。できあがったら「取餐區(COLLECT)」まで取りに行きます。

【台湾】タピオカミルクティーとは一味違う?黒糖タピオカミルクがおいしい!
看板メニューは「黒糖珍珠鮮奶(黒糖タピオカミルク)」です。Mサイズ50元(約181円)、Lサイズ70元(約253円)。写真はMサイズです。珍煮丹の黒糖タピオカミルクは甘さと氷の量を調節することができます。糖度に関しては、黒糖タピオカ自体が甘いため微糖がおすすめです。

【台湾】タピオカミルクティーとは一味違う?黒糖タピオカミルクがおいしい!
珍煮丹の黒糖タピオカミルクも、黒糖の甘さがしっかりとしみ込んだタピオカがたっぷり入っています。もちもち黒糖タピオカと新鮮なミルクとのハーモニーがたまらなくおいしくて、あっという間に飲み切ってしまうかも。

珍煮丹
公式ホームページ:http://www.jenjudan.com/

おいしいタピオカドリンクを街の至る所で楽しむことができるのは、まさに台湾ならでは。台湾旅行では、タピオカミルクティーに加えてこの黒糖タピオカミルクもぜひ味わってみてくださいね。

[All Photos by Yui Imai & shutterstock.com]
【台湾】タピオカミルクティーとは一味違う?黒糖タピオカミルクがおいしい!

生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。