体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ペコちゃん、ポコちゃん、ムッキムキ!? 筋トレ後はママの味に浸りたい人のための『ビーレジェンドプロテイン ミルキー』!

マッチョ体質の人には欠かせない主食的立ち位置のプロテイン。他にもしなやかスリムになるためのタンパク源としてダイエット中の人にも活用されている。ストイックなトレーニングにいそしんだ疲れた肉体、そんな時に欲しいのは甘いもの、という声に応えて誕生したのが、プロテイン有名ブランド・ビーレジェンドと不二家とのコラボで生まれた『ビーレジェンドプロテイン ミルキー』だ。

筋トレで疲れた肉体を癒してくれるのは上質なタンパク質と甘〜いママの味!

「be LEGEND(ビーレジェンド)」と言えば、マッチョ系の人ならだいたい知っている有名プロテイン・ブランド。そこがお菓子の名門・不二家と組んで生まれたのが、株式会社Real Style/ビーレジェンド(奈良県大和高田市)『ビーレジェンドプロテイン ミルキー/ミルキーココア風味』(500g・希望小売価格 税抜1,980円・2018年2月28日発売)。そう、マッチョの主食(?)が、ミルキー味になったもの。

通常プロテインは、価格は高いが吸収の早いホエイプロテイン、ゆっくり吸収タイプのカゼインプロテイン、大豆由来でヘルシーだが飲みづらいソイプロテインの3種に分かれる。今回ミルキー味となったのは、ホエイプロテイン。筋トレ後にさっと飲んでパンプアップするのに適したタイプだ。原料のホエイとはヨーグルトを開けると上澄み状態で存在する透明な液体のこと。

確かに疲れた時には人間、甘いものが欲しくなるもの。それがプロテインで、飲みやすく美味しいならそれに越したことはない。ではどの程度美味しくなっているのか、実際に試してみたい。

 

 

『ビーレジェンドプロテイン ミルキー』

ペコちゃんの顔が目印。ミルキー味とホエイプロテイン。相性は良さそうだが、実際はどうか。封を切ると中には大量の粉が。確かにミルキーの香りがする。くれぐれもくしゃみしないように。大惨事になる。

試しにそのまま舐めてみると、粉が溶けるやいなや、歯にくっついて固まる。まるでミルキー飴のように。もともとプロテインは歯にくっつきやすいので、こうして食べること自体が愚かなのだが、普通にミルキーの練乳風味で控えめな甘さは美味しい。もちろんカロリー控えめ。1食30gあたり糖質は4.7gで119.1kcalと減量中でも安心のスコア。

シェーカーに入れて水に溶かしてみた。5〜6往復ですでにかなり溶けている。安いプロテインは大豆由来のソイプロテインが使われていることが多く、溶けにくいが、これはすぐ溶ける。さすがホエイ。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。