体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

370万円のレコードプレーヤー「PP1」はサファイア製のチューブを使用!

レコードプレーヤーというと、四角いベースに丸いターンテーブルが据えられているものが多い。だが今回紹介するのは、レコードプレーヤーのイメージを一新させるような、デザイン性のあるタイプ。

オーディオメーカー「Metaxas & Sin」のハンドメイドPhonographic Perambulator No1(PP1)は、カーブを多用した、見るも美しい芸術作品的なレコードプレーヤーだ。

・航空機グレード

外観の美しさに目がいくが、もちろん性能も申し分ない。ターンテーブルを擁するメーン部分は航空機などに使われるグレードのアルミニウム製。

そしてスイスの小型精密モーターメーカー、マクソン社製のベルトがターンテーブルを回す。

・トーンアーム2つ

デザイン面では、全体的に丸みを帯びていることに加え、2つのトーンアームを搭載しているのも特徴だ。

しかも、サファイア製のチューブで、アームには宝石があしらわれている。このことから想像できるように、PP1はかなりハイエンドなプレーヤーなのだ。

PP1はまずは5月にドイツ・ミュンヘンで開かれる、その名も「ハイエンド・ショー」でお披露目される。価格3万5000ドル(約371万円)で、すでに同社サイトで予約を受け付け中。

流れる音楽がワンランク上に聞こるかも?と思ってしまいそうなこのレコードプレーヤー、サイトで見るだけでもいかが。

Metaxas & Sin

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。