体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ブルーレイ・DVDの定番リッピングツールは?

ブルーレイ・DVDの定番リッピングツールは?

2016年2月にはブルーレイ・DVDの定番リッピングツールの1つだった「AnyDVD」の開発元SlySoft社のWebサイトが閉鎖され、新たに入手することが難しくなっています(RedFoxに移行)。一方、もう1つの定番リッピングツールである「DVDFab」は2016年に最新バージョン「DVDFab10」をリリースしました。

ブルーレイ定番リッピングツール

ブルーレイ・DVDの定番リッピングツールとなった「DVDFab10」は、インターフェースの項目は従来版「DVDFab9」とほぼ同じ。しかし、さまざまな機能が追加されています。

ちなみにDVDFab10は有料ソフトですが、30日間は無料で使用可能。DVDのリッピングなどができる無料ソフト「DVDFab HD Decrypter」も同梱しています。また、DVDFab9のユーザーは、従来版を残したままDVDFab10を併用できるので安心です。

特徴を詳しく見ていくと、DVDFab10はソフトをPCにインストールすると同時に付属ソフト「DVDFab Mini」も導入されます。これは、設定項目が少ない簡易メニュー版で、コピーなどの作業がより手軽に行えるのが特徴です。

専用スマホアプリでタスクの進捗をチェックできるのも特徴の1つ。DVDFab上のタスクの状態を、専用アプリ「DVDFabリモート」から確認できます。時間のかかるリッピングやコピーの処理状態を、外出先からスマホでチェック可能です。

ブルーレイのデータをリッピング

さらに、従来版ではシンプルだったインターフェースも、DVDFab10では自分好みのものにカスタマイズ可能。スキン設定パネルから、好きなグラフィックインターフェースを選べます。

具体的にDVDFab10のメニューを見てみると、従来までの味気なかったインターフェースがシックで洗練された見た目に変身。「コピー・リッピング・変換・作成」のメニューを上部に配置しています。

「コピー」はブルーレイなどのディスクのバックアップを行うメニューです。「フルディスク」「メインムービー」「分割」「結合」などの項目があります。「リッピング」はディスクのデータをさまざまな形式でリッピング。また、iPhone用など特定端末に最適化するメニューもあります。

「変換」は動画ファイルを他のファイル形式にエンコードする項目。こちらも各デバイスに最適化するメニューが用意されています。「作成」は動画ファイルをBD・DVDにライティングする項目。各種フォーマットに対応しており、エンコードもセットで行います。

関連記事リンク(外部サイト)

チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符
自販機の裏ワザ「デバッグ法」は存在するのか?

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy