体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

たった30日間で「完全に消えさる」エコな食器

たった30日間で「完全に消えさる」エコな食器

長かった冬も終わり、行楽シーズンの到来。お花見にバーベキューなど、アウトドアが楽しくなる季節です。

アウトドアで便利なのが紙皿や紙コップなどの使い捨ての食器。けれどゴミ捨て場がないと持ち帰らないといけないので、結局荷物になってしまいます。

でも、もし気兼ねなくポイ捨てできる食器があったら……?

ポーランドの企業Biotremでは、なんと、30日間で完全に自然に還る食器を作っています。すごく画期的!

30日間で自然に還る
「消える」食器

たった30日間で「完全に消えさる」エコな食器たった30日間で「完全に消えさる」エコな食器

この食器の原料は、小麦を精製するときに出る小麦ふすまと、わずかな水だけ。他のものは一切使用していません。さまざまな特許技術を使い、小麦ふすまに熱と圧を加えて皿の形にしています。

通常、紙は自然の中で完全に分解されるまで6ヵ月程度かかり、プラスチックに至っては数百年以上も残り続けます。しかし、この小麦ふすまの食器は、なんとたったの30日間で分解されて跡形もなくなってしまうのです。

しかも1トンの小麦ふすまから約1万枚の皿を作ることができ、非常にエコ。たった30日間で「完全に消えさる」エコな食器

電子レンジもオーブンも
液体だってOKです

たった30日間で「完全に消えさる」エコな食器

食器としての機能も優秀。土に埋めなければ、もちろんちゃんと長持ちします。

熱いものにも冷たいものにも使えるし、電子レンジやオーブンだってOK。汁気の多いスープだって問題なし!

ピザの生地をのせてそのままオーブンに入れたり、パンを焼くときの型として使ったりすることもできるんですよ。

小麦ふすま100%なので、うっかり食べてしまっても大丈夫だそう。何でもかじっちゃう小さい子どもにも安心かも?たった30日間で「完全に消えさる」エコな食器

新しい「使い捨て」習慣

たった30日間で「完全に消えさる」エコな食器

アウトドアで使うときに必須のナイフやフォークなどのカトラリーもセットで製造されています。

ホームパーティでも大活躍しそうですよね。ホストになったとき、みんなが帰宅したあとの後片付けがなんとも負担。けどこれならゴミも半減するし、地球にやさしくてとても理想的。

ちなみに現在この小麦ふすまの食器は、年間約1500万枚製造されているのだそう。
こんな食器がもっとポピュラーになったら、私たちのライフスタイルも変わってくるかもしれませんね。たった30日間で「完全に消えさる」エコな食器Licensed material used with permission by BIOTREM

関連記事リンク(外部サイト)

100%土に還る オシャレな使い捨て紙食器「WASARA」
イギリス人デザイナーが手がける、料理をのせるだけで「かわいく」見えるお皿。
曲げて、ねじって、料理に合わせて「カタチを変える」お皿です

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy