体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スマホ手持ちジンバルのメリット、映像をズームしてもほとんど手ブレしない

スマートフォンで動画を撮影する時にカメラのズーム機能を利用すると手ブレが顕著になり、映像はかなり乱れますが、そんな時にスマホ用の手持ちジンバル(電動スタビライザー)を使用するとその手ブレを大幅に軽減できます。
この記事ではそうした手持ちジンバルのあまり気づかれないメリットをご紹介します。
次の動画では、前半は素手でスマホを持ち撮影し、後半は手持ちジンバル(Smooth Q)を使用して撮影した桜です。
スマートフォンのズーム機能は大抵デジタルズームなので、ズームを最大にすると映像は荒くなってしまいます。
それでも後半の方が前半よりもはるかに安定していることが分かります。
これなら撮った動画を観賞することにも耐えるはずです。
映像をズームすると画角が狭くなるので手ブレが大きくなってきます。
今の時期に見頃の桜は花びらは手の届かない場所で咲いていることが多いのでカメラをズームする方も多いと思います。
そういう時に手持ちジンバルがあると綺麗に撮影できるのでおすすめです。

■関連記事
Zello PTT Walkie Talkie : スマホがトランシーバーになる簡単チャットアプリ
国交省、山間部や離島等へのドローン配送を実現するため目視外飛行の規制を緩和へ、要件を発表
OnePlus 5T向けのOxygenOS Open Beta 5でアプリドロワーのアプリ再検索が容易に

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy