体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『大人は判ってくれない』のような、少年少女の青春と成長の物語

1804061

「アヌシー国際アニメーション映画祭2016」の長編部門で、グランプリにあたるクリスタル賞と観客賞を受賞し、峯田和伸、麻生久美子、リリー・フランキーらが日本語吹替を担当したことでも話題をさらったストップモーションアニメ『ぼくの名前はズッキーニ』。

9歳の少年”ズッキーニ”が思わぬ事故で母親を亡くしてしまうエピソードから始まる物語は、繊細で大胆で、ストップモーションアニメだからこそ描けた世界――と、つい思ってしまうが、この映画の原作小説が『Ma vie de Courgette』。

日本で初めて翻訳版が出版された時のタイトルは『奇跡の子』。それが、映画公開に合わせて『ぼくの名前はズッキーニ』というタイトルで新装版が出版されている。

著者のジル・パリスは、ジャーナリストでもあり、養護施設や教育機関、児童指導員やこどもたちへの取材を行った上で執筆。映画では軽く触れるに止めざるを得なかった(それが映画化としては成功だったわけだけれど)5人のクラスメイトたち、”シモン””アメッド””ジュジュブ””アリス””ベアトリス”のエピソードや境遇も丁寧に描かれている。

フランソワ・トリュフォーの映画『大人は判ってくれない』も思い起こさせる、暖かいだけではない、大人向けの原作は、特に映画版でシモンの男気に涙した人にはぜひ読んでほしい。

『ぼくの名前はズッキーニ』
ジル・パリス
DU BOOKS
1,800円
Amazon

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。