体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『キミスイ』著者×BLUE ENCOUNTが放つ”青春の終わり”

1803313

2017年には実写映画化もされた『君の膵臓をたべたい』、通称『キミスイ』。その住野よるの最新刊『青くて痛くて脆い』は、さらにグサグサと突き刺さる。

***
人に不用意に近づきすぎないことを信条にしていた大学1年の春、僕は秋好寿乃に出会った。空気の読めない発言を連発し、周囲から浮いていて、けれど誰よりも純粋だった彼女。秋好の理想と情熱に感化され、僕たちは二人で「モアイ」という秘密結社を結成した。それから3年。あのとき将来の夢を語り合った秋好はもういない。僕の心には、彼女がついた嘘が棘のように刺さっていた。「僕が、秋好が残した嘘を、本当に変える」それは僕にとって、世間への叛逆を意味していた――。
***

そんなあらすじと共に公開されたのが、BLUE ENCOUNTのメジャー1stシングル「もっと光を」をテーマソングにして制作されたPV。BLUE ENCOUNTのエモーショナルな歌詞と歌声は、青春小説にぴったり。さらに、著者・住野さんは「読んだ人が光を感じられるように、その光をまた他の誰かに各々の形で届けられるように。『もっと光を君に届けたくなったよ』という歌詞は、読者の皆さんに『青くて痛くて脆い』を読んでもらう上で、作者が込めた想いそのものです」とコメント。

週末、夜更かしして読みたい1冊。

『青くて痛くて脆い』
住野よる
KADOKAWA
1,400円
『青くて痛くて脆い』公式サイト https://promo.kadokawa.co.jp/kutekute/

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。