体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ベン・アフレック、巨大なタトゥーに対する行き過ぎたバッシングに反撃ツイート

ベン・アフレック、巨大なタトゥーに対する行き過ぎたバッシングに反撃ツイート

巨大で鮮やかな背中のタトゥーが本物であり、これが映画の為でもないことが明らかとなってから、すっかり笑いものにされてしまっているベン・アフレック。

『ニューヨーカー』誌も、”ベン・アフレックの深い悲しみ”というタイトルの記事を掲載しアフレックをバッシングした。この記事では、今のアフレックは”意気消沈”していて、タトゥーは”ド派手”、お腹は”膨らんでいる”と書いてあるのだが、この行き過ぎた表現にアフレックがツイッターで反応し話題を呼んでいる。

@NewYorker I’m doing just fine. Thick skin bolstered by garish tattoos.
– Ben Affleck (@BenAffleck) 2018年3月29日

「ニューヨーカーさん、全然元気にやっていますよ。ド派手なタトゥーで皮膚が厚く(神経が図太く)なったからね」

『ニューヨーカー』のこの記事を受けて、ツイッター上ではアフレックを擁護する動きが強まっている。

What a distasteful piece of writing @NewYorker If @BenAffleck was female, and the writer, male, we’d be lobbying against this kind of cruel, unnecessary public shaming.
– Patricia Caliskan (@Caliskaniverse_) 2018年3月29日

「なんて不快な記事なんだろう。もしベン・アフレックが女性でライターが男性だったら、不必要に晒し者にする、このような非情な行為に対してみんなも反対しているはず」

Shaming a man for being middle aged, gaining some weight and possibly sad. Well shame on you @NewYorker ! Low blow and just sad. #insensitive#notfunny#nofatshaming#nodepressionshaming#BenAffleckhttps://t.co/ZFxV1ehJok
– floza (@floza21) 2018年3月25日

「中年になって、体重が増えて、惨めになったかもしれない男性を揶揄するなんてみっともないよ・・・」

このようにアフレックの外見を揶揄した『ニューヨーカー』を非難する声が上がっているものの、巨大なタトゥーを認めているのは、親友のマット・デイモンだけかもしれない。

■参照リンク
http://www.moviefone.com/

関連記事リンク(外部サイト)

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』、5枚の最新ポスターに憶測が飛び交う
『LOST』デイモン・リンデロフ、新作アクション・スリラー映画で『ゲット・アウト』プロデューサーとタッグ!
カンヌ国際映画祭、レッドカーペット上での自撮りが禁止へ
映画『キャプテン・マーベル』が撮影開始!あらすじと追加キャストも明らかに
メーガン・マークルのちょっと意外なアルバイト経験とは?

AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。