体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

虫嫌いは「閲覧注意」なインテリア

虫嫌いは「閲覧注意」なインテリア

都会に住んでいるとあまり遭遇しないけど、神社や公園など木が青々と茂るエリアに近くと突如現れる「ミツバチ」。知らないうちに屋根に巣があり大パニック!なんて経験がある人もいるでしょう。

日常生活では蚊やハエなどのように疎ましく思われがちですが、ミツバチが花から蜜を採取することにより、さまざまな植物が受粉しており、生態系においてミツバチの役割はとても大きいのです。今日食べた野菜や果物も、ミツバチのおかげかもしれません。

そんな愛しのミツバチと一緒に暮らすことができるツールが誕生しました。

お客さん絶句
「ハチの巣」インテリア

虫嫌いは「閲覧注意」なインテリア虫嫌いは「閲覧注意」なインテリア虫嫌いは「閲覧注意」なインテリア虫嫌いは「閲覧注意」なインテリア

これは、アメリカの研究者Dustin BetzさんとMike Zaengleさんが作った巣箱「BEEcosystem」。木箱から伸びている透明チューブを窓を経由して外につなぎ、そのチューブを通ってハチが出入りするという仕組み。

新世代の養蜂家の育成と、ハチミツのヘルシーさをもっと広めたいという想いから2年の歳月をかけて開発したのだそう。

 虫嫌いは「閲覧注意」なインテリア

通常の巣箱と違い、側面をつなぐことができるため、状況に応じて増やしていくことも可能。

ハチは高さ関係なく飛んでくるため、高層階に住んでいても問題ないそうです。虫嫌いは「閲覧注意」なインテリア

虫嫌いなら絶対拒否すること間違いなしですが、専門家が「養蜂」を真剣に考えた結果生まれたもの。

もちろん養蜂家でなくても購入できますが、ちょっとした虫かごレベルのサイズではないので、もし本気で購入を検討する人は、必ず周囲への配慮と、各自治体の保健所に相談をしてくださいね。Licensed material used with permission by BEEcosystem, LLC, Facebook, Instagram, Twitter

関連記事リンク(外部サイト)

ついに、ガン検診に「昆虫」を使う時代がやってきた
ハチのいない食卓はこんなに粗末なものになる
【怪奇現象】謎のミツバチ大量失踪。その原因は意外なものだった・・・

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。