体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

旅人におすすめの稚内の観光スポット15選

旅人におすすめの稚内の観光スポット15選

日本最北端の町・北海道稚内市は、大海原や丘陵地帯が広がる、自然豊かな美しい場所として有名です。またここには、多くのガイドブックに登場する日本最北端の地「宗谷岬」の他にも、歴史や自然と触れ合える、素晴らしい見どころがたくさんあります。

それでは今回は、そんな稚内へ旅行に行った際に、訪れたい観光スポット15選をご紹介いたします。

 

宗谷岬

株式会社コードデザインさん(@_code_design_)がシェアした投稿 – 3月 12, 2018 at 12:03午前 PDT

北海道稚内市にある宗谷岬は、一般人が行くことのできる日本最北端の地と言われています。そんな宗谷岬にある日本最北端の碑のモニュメントの前での記念撮影は、今や観光客の定番となっています。
■詳細情報
・名称:宗谷岬
・住所:北海道稚内市宗谷岬
・公式サイト:http://www.tabi-hokkaido.co.jp/wakkanai/

 

ノシャップ岬

ソーナンスさん(@sonans_c6h6)がシェアした投稿 – 12月 29, 2017 at 9:35午後 PST

ノシャップ岬は、アイヌ語でノッ・シャムといい、「岬が顎のように突き出たところ」「波の砕ける場所」という2つの意味があると伝えられています。

宗谷岬のように日本最北端というわけではありませんが、このノシャップ岬も限りなく最北に近い岬ということで、宗谷岬まで行く時間がない人などにおすすめの場所です。
■詳細情報
・名称:ノシャップ岬
・住所:北海道稚内市ノシャップ2
・公式サイト:http://www.welcome.wakkanai.hokkaido.jp/sightseeing/shizen_zekkei/nosyappu/

 

稚内公園

330miiさん(@330mii)がシェアした投稿 – 8月 25, 2017 at 5:35午後 PDT

稚内市街西側の高台に広がる、47万平方メートルの広大な公園です。公園の北端にはシンボル的存在の氷雪の門が立っています。展望施設や郷土資料館が一緒になった開基百年記念塔などもあるので、ぜひ訪れたいスポットです。
■詳細情報
・名称:稚内公園
・住所:北海道稚内市中央1丁目
・公式サイト:http://www.city.wakkanai.hokkaido.jp/kurashi/koenkeikan/koen/sougoukouen.html

 

稚内復港市場

稚内副港市場さん(@fukukouichiba)がシェアした投稿 – 2月 12, 2017 at 11:23午後 PST

稚内復港市場は、懐かい街並みを楽しみながら、稚内の歴史・観光を学ぶことができるスポットです。地元で採れた新鮮な海産物も購入できますので、お土産選びにもおすすめです。
■詳細情報
・名称:稚内復港市場
・住所:北海道稚内市港1丁目6-28
・公式サイト:http://www.wakkanai-fukukou.com

 

道の駅わっかない

自遊人@お遍路くるま旅さん(@lunojilu4143)がシェアした投稿 – 12月 30, 2017 at 11:41午前 PST

道の駅わっかないは、国道40号の終点の位置にある日本最北端の道の駅です。稚内のお土産はもちろん、北海道各地のお土産も揃っています。
■詳細情報
・名称:道の駅わっかない
・住所:北海道稚内市開運2丁目2−6
・公式サイト:http://www.hokkaido-michinoeki.jp/michinoeki/3126/

 

ノシャップ寒流水族館

rieさん(@airu07)がシェアした投稿 – 9月 12, 2017 at 7:30午後 PDT

稚内市にあるノシャップ寒流水族館は、日本最北の水族館で、120種・約3,000点もの海の生き物を飼育しています。ゴマフアザラシ、クリオネなど、ここでしか触れ合えない海の生き物がたくさんいるので、ぜひ足を運んでみてください。
■詳細情報
・名称:ノシャップ寒流水族館
・住所:北海道稚内市ノシャップ2丁目2-16
・公式サイト:http://www.city.wakkanai.hokkaido.jp/suizokukan/

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。