体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

20代なのに生理が止まってしまった私。「妊娠なんて夢のまた夢」のはずが…

f:id:akasuguope01:20180112110134j:plain

28歳も半分以上過ぎた頃、私は産婦人科を訪れました。ひどい生理不順のためです。

ひと口に生理不順と言っても、その人によって状態はさまざまだと思います。

私の場合は筋金入りの生理不順とでもいうのでしょうか…。

過去10年の間で30日程度の周期で生理がきていたのは3年程しかなかったように記憶しています。

残りの期間は40日~80日位の間にくるという感じでした。また、経血の量や生理の期間もバラバラで、生理痛もある時とない時がありました。

若い頃からこれが当たり前だったため、その状態に慣れてしまった私は、生理不順について特に深く考えていませんでした。そして生来のズボラな性格が災いし、産婦人科を受診するなんていう気にも全くなりませんでした。

そんな私も結婚して数年が経ち、「そろそろ子どもが欲しいな」という話が主人との間に出始めたのをきっかけに重い腰をあげることにしました。

その時も仕事が忙しい時期で、なんと最後の生理から130日程経った状態でした。

自宅最寄駅のすぐ近くという理由だけで選んだ産婦人科で言われたのは「生理が止まっていますね」という衝撃的なひと言でした。

「え? 止まってる? 閉経? まだ20代だよ?」

一瞬にしてそんな思いが駆け巡ります。ひどい生理不順というだけでまさか止まっているとは夢にも思わなかったので、目の前が一気に真っ暗になる思いでした。 関連記事:ひどい生理不順だった私。生理予定日から1週間経過して急に思い立ち…

低用量ピルを3周期飲み続けた後、自力で生理が来るかどうか様子を見るということになりました。

そして3周期分のピルを、たまに忘れつつもついに飲み終わりました。あとは生理が来るのを待つばかりです。

正直なところ、とても不安でした。

あんなにひどい生理不順だった私に生理が来るとは到底思えませんでした。

予感は的中し、予定日を過ぎてもだるさや熱っぽさなどいつも生理前に感じていた症状すら起こりません。

「このまま閉経したりして…」。

そんなことをぼんやりと考え始めていたある日、ピルを飲んできた最後の生理から50日程の頃、なんだか体がだるくて熱っぽく少し気持ち悪いという状態になったのです。

でもまだ動けるので、いつものように仕事に向かい、仕事を始めましたが、気持ち悪さは増す一方。

そしてとうとう、我慢できない吐き気が来て、慌ててトイレへ駆け込みました。

まるでドラマで見たような展開ですが、その時に「もしかしてこれは…妊娠?」と思い、早退させてもらいました。

たしかに体調は悪いのですが、期待と不安が入り混じったドキドキフワフワとした感覚のおかげで、早足になりながら家へ向かいます。

もちろん、途中ドラッグストアで妊娠検査薬を買うことも忘れずに。

家に着きドキドキしながら検査薬を使ってみると…

「出ました!」陽性判定の印でした。

嬉しさよりも驚きが勝ったというのが正直な気持ちで、少し複雑な気分でしたが、急いで産婦人科へ向かいました。

普通ならば通院していた所へ行くものなのでしょうが、いつもとても混んでいて予約も取りにくい状態なので、一刻も早く診てもらいたい私は家から一番近い古めかしくお世辞にも流行っているとはいえない産婦人科を受診することにしました。

思った通り私の他には患者さんは1人しかおらず、すぐに私の順番になりました。

ドキドキしながら診察台に上がり、始めてのエコーを見ます。

小さな小さな丸い袋のようなものが見えました。

「妊娠してますね、正常妊娠ですよ」。

その言葉を聞いた時、涙が一気にあふれ出てきました。 関連記事:ずっと生理不順の私。やっぱり妊娠は無理なのかな…

ひどい生理不順で閉経してしまったのではないか、主人に子どもを抱かせてあげられないのではと心苦しく思っていたのに、本当に私のお腹に赤ちゃんがいるなんて。

私は、今まで味わったことのない大きな大きな喜びを感じました。

この時が妊娠5週目。

こうして私の初めての妊婦生活は始まったのです。

f:id:akasuguope01:20180112110202j:plain

著者:minsan

年齢:30歳

子どもの年齢:0歳8ヶ月

はじめまして! 専業主婦なのにとってもズボラな一児の母、minsanです。週休1日でも家事を一緒にしてくれる働き者で優しい主人と、わんぱくでよく笑うまるで天使のような長男とわいわい暮らしております。基本的にはワンオペ育児な毎日を送っておりますが、ダラダラのんびりマイペースに子育て中です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

たまたま行ったら子宝神社。初詣で子宝だるまさんを購入してみたら…
我慢できないレベルの頭痛と吐き気。これってもしかして排卵痛?
後から結婚した人が次々妊娠していき焦りが募る…4年の歳月を経てついに妊娠!

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy