体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

女性がキャリアを前進させるための「小さな一歩の踏み出し方」とは?【女性活躍支援イベントレポート】

女性がキャリアを前進させるための「小さな一歩の踏み出し方」とは?【女性活躍支援イベントレポート】

リクルートキャリアの女性活躍支援プロジェクトチーム「RCAジョカツ部」が開催する「キャリージョ・エンカレッジ・プログラム」。過日、第3回目となるイベント『私を前に進めるための、小さな一歩の踏み出し方』が開催されました。

イベントの構成は、第一部が株式会社ChangeWAVEの佐々木裕子さんによる基調講演。第二部が、リーディングカンパニー3社の女性社員によるパネルディスカッション。そして第三部が、佐々木さん、パネラーとして登壇した女性社員と参加者によるキャリア座談会。

今回はその中から、第一部の佐々木さんの講演内容をリポートします。

佐々木裕子さん

株式会社ChangeWAVE代表

東京大学法学部卒業後、日本銀行、マッキンゼーアンドカンパニーを経て、2009年にChangeWAVE設立。「目に見える人の変化」を通じて企業変革を仕掛ける「企業変革パートナー」として、企業リーダー育成、ダイバーシティ推進、組織変革を手掛ける。著書に『21世紀を生き抜く3+1の力』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)など。

固定概念、自己制止…さまざまな「リミッター」がキャリアを縛っている

“企業の変革屋”として、企業リーダー育成、組織変革などを手掛ける佐々木さん。「現在は以前よりも楽に、自由に、やりたいことができるようになった」と語る佐々木さんですが、現在のキャリアに至るまでには紆余曲折があったそうです。この日はご自身の経験を踏まえ、「小さな一歩の踏み出し方」を語ってくださいました。

「会社、組織は人でできています。だから、会社や組織が変わるときは、まず誰か1人がガラリと変わり、そこから大きなうねりが起こって周りに波及し、組織全体がすごい勢いで変わっていきます。そして、人が変わるときは、じっくり時間をかけて変わるのではなく、ある瞬間に“カックン”と変わる。その初めのスイッチを押す手伝いがしたくて、この仕事をしています」

佐々木さんは仕事を通じて年間1000人もの人に会うそうですが、「企業の中堅社員の方に足りていない、活かせていない力が4つある」とのこと。

1.考える力

問題や課題を評論家的に語れるが、その本質を射抜くまでには至らない。

2.共創する力

そもそもネットワークが狭く、多様な考え方・経験値へのアンテナ/許容度が低い。人に助けてもらうことも上手ではない。

3.自己進化する力

どちらかというと「守り」に入る。本気で挑戦・行動はなかなかできない。

4.自分の目指すものを持つ力

そもそも日々の仕事に追われ、本当に何をしたいのか向き合うことからから無意識に逃げている。

「このような状況に陥ってしまっているのは、たくさんのリミッターが我々を取り巻いているから」と佐々木さん。例えば、世の中や会社が変わらなければ何も変わらないと思う「思考停止リミッター」、仕事と家庭の両立なんて土台無理だと思う「固定概念リミッター」、そして、私ができることなんてしょせん限られていると思う「自己制止リミッター」などが挙げられます。

佐々木さんも、実はこれらのリミッターに縛られていた時期があったそうです。現在、自由に働けているのは、次の3つを知ったことが大きかったと分析します。

<佐々木さんの「My Life Lessons」> 「己の恐れ」を知る 「己の無知」を知る 「己の情熱」を知る

どういうきっかけで、それぞれを知ったのか。それにより何が得られ、何が変わったのか、詳しく説明いただきました。

「己の恐れ」を知る:恐れの本質とうまく付き合えるようになり、一歩踏み出す力が湧く

「恐れ」は誰もが必ず持っているもの。「変革屋として、必ず触れなければいけないのがこの“恐れ”。人は怖いから、変われない。何が怖いのか、なぜ怖いのかをつかむのは、変化するうえでとても大切なこと」と佐々木さんは言います。

1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。