体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Google Earthを使った映像に引きずり込まれる

Google Earthを使った映像に引きずり込まれる

『Arena』

アイルランドのアーティスト、Páraic Mc Gloughlinの作品。
Google Earthの画像をつかっている。

上空から地上を見下ろす優雅な感覚と、目がチカチカするような激しい映像に感じる焦燥感の組み合わせ。

大音量で音楽を流しながら聞くと、シューティングゲームをプレイしているときのように、その世界観に引きずり込まれる。

ビデオドラッグという表現を思い出した。

作者は、上空から見た地球の概観を、人間がつくったものの様々な形をベースに見ていくものだと紹介している。

写真を学んでいたというPáraic Mc Gloughlin。ベッヒャー派のタイポロジー(類型学)を思わせるアプローチだ。Licensed material used with permission by Páraic Mc Gloughlin

関連記事リンク(外部サイト)

家にいながら世界一周。「Google Earth VR」が配信開始。
「Googleで働きたい!」7歳少女の手紙に、思わずCEO自らが返事を書く
Googleマップが「モダンアート」に変身

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。