体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

時計のかたちをしたエンターテインメント

時計のかたちをしたエンターテインメント

『BlinkWheel』
ノルウェー在住の現代音楽家・Koka Nikoladzeさん作

最大96個ものLEDを着脱できる土台の上を、アームが回転している。その先端には、小さなワイヤーが付いており、LEDの足に当たると電気が通って音が出る。

足ごとに違うサンプル音が出る。音色は10種類。小さな3つのスイッチで音を出したり消したりすることもできる。機能が限られている楽器には可能性が詰まっているとKokaさん。

『BlinkWheel』だけで1時間パフォーマンスする予定だそうだ。Licensed material used with permission by Koka Nikoladze

関連記事リンク(外部サイト)

バネや定規で感動を生み出す「お手製のビートマシーン」
世界のメカ 「光の点滅と金属打撃」のマリアージュ
モーターとネジ。で、なにをする?

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy