体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

和遥キナさんの書き下ろしイラスト起用で“フツーの英会話フレーズ集”が話題に

和遥キナさんの書き下ろしイラスト起用で“フツーの英会話フレーズ集”が話題に

フツーの英会話フレーズ集が、英語とはまったく違ったポイントから話題を呼んでいる。

それがアスコムから2018年3月に出版された書籍『mini版「ごちそうさま」を英語で言えますか?』だ。

この本が話題になっているのはイラスト。

表紙にも載っている黒髪の美少女のイラストを描いているのが、アニメ化も決定した『毎日JK企画】などの制服美少女のイラストで人気を博しているイラストレーター・和遥キナさん。

出版元のアスコムによれば「出版当初から『可愛すぎる』『やばい、一目惚れした』など、通常の英会話フレーズ集とは違った感想が寄せられています」という。

同書は、「ごちそうさま」「いただきます」「いってきます」「ただいま」「ほんの気持ち」「おかまいなく」「お先にどうぞ」など、よく使うのに英語にうまく訳せないフレーズが672、紹介されている。

和遥さんが本書のために特別に描きおろしたオリジナルイメージキャラクターは、某所の私立中学に勤務する帰国子女の英語の先生という設定。つややかな美しいロングヘアにうるんだ瞳の、まだ少女感がほんのり残る美女を描きあげた。

本のカバーには、まるで話しかけてきそうな印象的なフルカラーのイラストがあるほか、本文中には、ささやきポーズ、見返り美人風ポーズ、眼鏡をかけたオフィスレディ風ポーズもあり、様々な表情にドキッとさせられる。

実はこの取り組みは「アスコムガールカバーシリーズ」として、これまで3冊出版されている。

和遥さんのイラストを起用した理由について、アスコムの担当編集者は「最初は日本人の英語に対する苦手意識を払拭する本を作りたい、というのがスタートでした。その中で、『思わずジャケ買い』『キャラから入る』というような本との出会いがあっていいと思っていたところに、私が和遥先生のイラストに一目惚れしまして…。美しくて、可愛らしくて、魅力的で、まさに探し求めていた美少女のイラストでした。それで、無理を承知で和遥先生にお願いをしたんですね」とコメントする。

また、「最近、このシリーズのPVを制作し、動画サイトなどで公開しました。こちらも評判で、『一緒に英語勉強したくなった』といった声から、『ぜひアニメ化してほしい!』のようなご要望も届いています」と、思わぬところでの“和遥効果”に驚きの声をあげる担当編集者。

「飲み会のネタに使える英会話フレーズもある」という感想も届いているといい、デイビッド・セイン氏による英会話フレーズの教え方もユニーク。英語が苦手な人もぜひチェックしてみてほしい。

(新刊JP編集部)

・【アスコム公式】みんなで楽しく英語を学ぼう!ガールカバーシリーズ(動画)

https://www.youtube.com/watch?v=yOkD1OkbFIc

【関連記事】

元記事はこちら

なぜ語彙力があると「デキる」と思われやすいの?――【言葉の専門家×若者】社会で活躍するための“語彙力”基礎講座<前>

TOEIC受験は「スポーツ」である!? 対策本編集者が語る試験との向き合い方

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy