体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

桜をドローンを使って撮影すると・・・

今の花見シーズンに多くの人はデジタルカメラやスマートフォンで桜を撮影していると思いますが、ドローンを使用すると普段とは違ったとても味わい深い桜ショットを撮影できるのでおすすめします。
ドローンを使用するメリットといては、高い場所から撮影できること、直線または円形に飛行させながら滑なかな映像を撮影できることです。
一部の高性能ドローンには操縦者をカメラ中央に捉えながら追尾撮影したり、映画のワンシーンのような映像を自動で撮影する機能もあるので、初心者でも簡単にナイスな桜ショットを撮影できます。
自撮り、あるいはセルフィーというフレーズが耳に馴染んできた昨今では、何の躊躇もなく自撮りする方は多いと思います。
スマートフォンやデジカメだと腕や自撮りスティックの届く範囲、三脚を使ったとしても平地での写真や動画しか撮影できませんが、ドローンならその範囲を超えて撮影することができます(周辺環境にもよりますが)。
ドローンの他に 360 カメラも今は種類や利用者が増えてきており、これを使用すると 360 度全方向の風景を写真や動画に収めることができます。
桜は短期間で散ってしまうので 360 カメラで撮っておくと、その桜スポットをいつでも思い出すことができます。

■関連記事
2018年の花見シーズンにスマホカメラで桜を綺麗に撮る方法
「AirRadio」ならスマホで航空無線を聴ける
Microsoft EdgeがAndroidタブレットに最適化

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。