体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ゼッド、約17億円の自宅兼スタジオを案内する動画が公開

ゼッド、約17億円の自宅兼スタジオを案内する動画が公開

 先週の来日公演も記憶に新しいゼッドが、米ロサンゼルスにある1,600万ドル(約17億円)の自宅兼スタジオをFacebookで案内している。

 “この景色は見飽きることがない”と本人が話す見晴らしのいい高台の広い敷地内に建つ豪邸は、直線的でガラス張りのモダンな造りで、スタジオとジム、生活空間、そして寝る場所に分かれている。両脇に水が張られた居住棟の巨大な玄関ドアから一歩足を踏み入れると、高い天井や大きな窓が開放的な玄関ホールから、【グラミー賞】のトロフィーがポップなフィギュアと一緒に並ぶ壁一面の飾り棚や暖炉があり、そして本物のシンボルツリーが室内にそびえ立つ広々としたリビングへと続く。

 数部屋設けられているゲストルームは全て華氏97度(約摂氏36度)に設定された屋外プールへ直接出られるようになっており、プールサイドにはバーベキューグリルや冷蔵庫(ビール入り)も完備されている。プールそのものもゴージャスで中にホットタブ/ジャグジーがあり、水量を調節することで出現する仕組みになっている。

 屋内には数々のアート作品が飾られている一方でスキットルズ・マシーンが部屋の隅に設置されていたり、ウォークインクローゼットの一つがスニーカーで埋め尽くされていたりと、豪邸ながらも28歳の彼のポップなセンスが随所に光る。また、彼が“コストコ・ルーム”と呼び、一番気に入っている部屋の一つだと説明する倉庫には日用品や備品がストックされ、“家からしばらく出なくても済むようにするのが最終的な目標”と、出不精な一面も見せている。

 肝心のスタジオの方はまだ作業が始まったばかりで、必要なスペースを確保する為に5フィート床を掘り下げて階段を設置すると彼は話している。

◎Inside Zedd’s $16 Million Mansion That Has a Skittles Machine
https://www.facebook.com/architecturaldigest/videos/255637664837316/

関連記事リンク(外部サイト)

ZEDD 来日インタビュー&サイン入りポラプレゼント
ゼッド、10度目となる来日公演はソールド・アウト!幕張ではビッグなゲストも登場
ゼッドの「ステイ」をRIRIが日本語カヴァー

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。