体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本の音楽ファンがみんな持っているモノって? Czecho No Republicがトーク

日本の音楽ファンがみんな持っているモノって? Czecho No Republicがトーク
J-WAVEで放送中の番組「GROOVE LINE」(ナビゲーター:ピストン西沢)。3月26日(月)のオンエアでは、Czecho No Republicから武井優心さん、砂川一黄さんが登場! 記念すべき5周年を飾るニューアルバムについて語りました。

■最新アルバム『旅に出る準備』制作について

Czecho No Republicは3月14日(水)に、5人体制になって5周年&メジャー5枚目のアルバム『旅に出る準備』をリリースしました。

西沢:今回はいろいろと作るのに仕掛けをかましてますね。プロデューサー入れたりとか。どうでしたか?
武井:プロデューサーの方と一緒にやるのはすごい久しぶりで、ためになることをたくさん教えていただいて。
西沢:いつものメンバーだと、いつもの感じになっちゃう。
武井:絶対にそうですよね。だから歌ひとつとっても、「アクセントとかリズムとか、こうやって作っていくんだよ」って言われて、「ああ、そこまで考えたことなかった」と思って。

■日本の音楽ファンがみんな持っているモノ

プロデューサーが入ることで、刺激を受けたと語る武井さん。続いてミュージックビジネスの話題になり……。

西沢:さっきも「タオル作ってるの?」「作ってますよ」「ミュージックビジネスはグッズ販売だからね。(タオル)回してるの?」って言ったら、「ライブで回してない」って言うの。
武井:そうなんですよ。
砂川:今さら回してみんな大丈夫かな、お客さん……。
西沢:だから、タオル回す曲を作んなきゃダメなんだよ。
砂川:なるほど……。
西沢:永ちゃんとか、投げる曲とか。そのためにタオル買うんだから。
武井:そうですよね……だって実家にもあったよ、永ちゃんのタオル。
西沢:(笑)。
武井:どこにだってあるんだろうね。
西沢:そうだよ。日本の音楽ファンはみんな持ってるから。

■Czecho No Republicの曲は“かわいい”?

続いて、Czecho No Republicの楽曲はかわいい曲がたくさんあるという話に。

西沢:かわいい感じっていうのは、性格がでてるのかな。やさしい性格がでてるよね。
武井:なんか作ると、こういう感じがいちばん得意というか、何も考えないで作ってるとこうなっちゃう。
西沢:ちょっとフェミニンな感じがするよね。これ武井くんのセンスなの?
武井:武井の世界観なのかもしれないですね。
西沢:やさしい、かわいいみたいな。
武井:うん……どこかしら。
西沢:でも、自分のなかでも黒いところいっぱいあるでしょ?
武井:黒いとこ、いっぱいありますけどね。
西沢:人が歩いてくるのに、エレベーターの「閉まる」ボタンを押すとかさ。
砂川:すごく小さな闇ですね(笑)。
西沢:そういう闇が曲に反映されるんじゃない。
砂川:大事だったりしますけどね。
武井:そういう部分は多々あると思います。

Czecho No Republicは4月からツアー「5人になって5周年!5×5=25 TOUR〜『旅に出る準備』リリース ワンマン編〜」を開催。東京では4月25日(水)に渋谷 TSUTAYA O-EASTでおこなわれます。また、7月8日(日)には自主企画フェス型イベント「Czecho No Republic presents ドリームシャワー2018」を新木場STUDIO COASTで開催。ぜひチェックしてみてください!

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「GROOVE LINE」
放送日時:月・火・水・木曜 16時30分−19時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/grooveline/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。