体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

実録! はじめてのチャイルドシート購入 ~我が子&我が家のお財布に合うモノを選ぶ5つの観点~

実録! はじめてのチャイルドシート購入 ~我が子&我が家のお財布に合うモノを選ぶ5つの観点~ ▲チャイルドシート認定指導員直伝! はじめて購入する方向けに「5つの観点」をまとめました。ぜひご参考に

▲チャイルドシート認定指導員直伝! はじめて購入する方向けに「5つの観点」をまとめました。ぜひご参考に

子育てカーライフの必需品、チャイルドシート

子供と車に乗る際の必須アイテムといえば「チャイルドシート」。

でも、チャイルドシートって種類もいっぱいだし何がどう違うのかよくわからない。何を基準に選べばいいの!?

……そんなど素人・武田が、チャイルドシート認定指導員・高橋亮さんと一緒にはじめてのチャイルドシート選びにチャレンジしました。

この記事では、アドバイスいただいた様々なことと、私の購入体験談を紹介。果たして、無事に納得できるチャイルドシートを買えたのか!?

▲都心部在住で車がなくても十分に生活できていた私ですが、息子が生まれて生活が一変。ついに先日、BMW 320iラグジュアリーを購入しカーライフがスタートしました! 都心住みママ目線でのレポートはページ下部の関連リンクより

▲都心部在住で車がなくても十分に生活できていた私ですが、息子が生まれて生活が一変。ついに先日、BMW 320iラグジュアリーを購入しカーライフがスタートしました! 都心住みママ目線でのレポートはページ下部の関連リンクより

▲チャイルドシート認定指導員の高橋さん。親子向けのチャイルドシート啓発イベントなどで子供の安全を守る活動をされています

▲チャイルドシート認定指導員の高橋さん。親子向けのチャイルドシート啓発イベントなどで子供の安全を守る活動をされています

6万円超えも続々。チャイルドシート、高っ!!!

購入に先立ち、まずは私のリクエストを伝えました。

● ミーハー上等。絶対に外国ブランド!

● 主婦ですので予算重視。上限1万円くらい

● 車に装着しやすい

● 子供が成長しても長く使えるかつ、快適

高橋さんは、ふむふむとうなずき、さっそく「武田さんの高級思考(ミーハー思考?)なら、車に合わせてBMW純正のチャイルドシートはいかがですか?」とのご提案。

そりゃかっこいいに決まってるけど……絶対高いでしょ~!

ネットで調べてみると7万円程度と、予想どおりの高級品……。予算オーバーで早々に却下すると、「嗜好性に沿った商品選びも大事ですが、機能観点で選ぶのも大事なんです」と、優しく諭しながら改めて選び方のポイントを整理してくれました。

購入の際に着目してほしいのは、以下の観点とのこと。

【観点1】「ISOFIX」タイプか、シートベルト装着タイプか?

【観点2】いつまで使える仕様なのか?

【観点3】子供を支える装備はどのくらい手厚いか?

【観点4】洗うことができるか?

【観点5】座り心地は良いか?

ということで、私もこの観点に沿って、チャイルドシート選びスタートです!

【観点1】「ISOFIX」タイプか、シートベルト装着タイプか?

のっけから聞きなれないワードが飛び出て戸惑う私……。「あいそふぃくす」とは何かを伺いました。

「チャイルドシートの規格です。シートベルトで固定するタイプではなく、車両にある金具にコネクターをはめ、固定できるタイプになっています」と教えてくれた高橋さん。

なんでも、2012年7月以降に発売された自動車は、このタイプへの対応が義務付けられているため、コネクター接続部が搭載されているのだとか。

「というのも、従来のシートベールで座席に固定するタイプは、シートベルトの締め付けが緩いと機能を発揮せず、安全性に課題がありました。ISOFIXタイプであれば、セッティングも簡単で都度直さなければならない煩雑さもなく、安全性も高いのです」

1 2 3次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy