体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

専門学校の入試のポイントを種類別にチェック。実は重要な入学準備の方法も!

専門学校は入試のハードルが低いから準備はいらないのでは?という声を聞くことがある。

 

専門学校も大学も全入時代といわれていることもあり、学科試験が少ない専門学校は、入試対策をしなくても大丈夫!というイメージがあるのかもしれない。

 

分野にもよるが、専門学校入学を希望してどこにも入れないということは、たしかに少なくなってきている。

 

 

しかし、専門学校にもさまざまな入試方法があり、大学と同等の受験勉強が求められる医療系のように、分野・学校によってはしっかり学科試験で選考される場合もあるので、侮ってはいけない。

 

専門学校に入るための入試準備は、もちろん必要なのだ。

 

また、むしろ入学してからの勉強が大変な場合が多いので、高校時代に入学前準備をしっかり行っておきたい。

 

専門学校の入試準備と入学準備について、確認していこう。

 

専門学校の入試のポイントを種類別にチェック。実は重要な入学準備の方法も!

 

 

入試の種類は主に3種類

 

専門学校の入試は一般的に、

 

AO入試・推薦入試・一般入試

 

の3種類となる。

 

※実施時期は、AO入試、推薦入試、一般入試の順番

 

AO入試 推薦入試 一般入試

多くの学校が、複数の入試方法を設けているので、単願か併願かなどによってどの方法で入学するかを決めることになる。

 

大学入試と違って専門学校では、AO入試や推薦入試で多くの合格者が出た場合には一般入試の予定は全回実施されず、定員になり次第、入試が終了されることもある。

 

だからといってやみくもに早い時期から慌てるのは禁物だが、例年の動向を進路担当の先生に事前に相談しておこう。

 

 

それぞれの入試方法の特徴とポイントをチェック!

AO入試

適性や意欲などが、学校の求めるものと合っているかを問われる入試方法。

 

高校の推薦状は必要ないが、しっかりとした分野・学校理解が求められる。

 

主に、志望理由書などの書類や、複数回にわたる面接で確認、選考される。

 

その後、小論文や課題発表があったり、

合格後に入学前課題として、オープンキャンパスへの参加や新たな課題などが出される場合もある。

 

専門学校の入試のポイントを種類別にチェック。実は重要な入学準備の方法も! <ポイント>

 

早いところだと6月、多くは夏頃からエントリーが始まる場合が多いので、早めに情報をチェックしておくことが必要。

 

ただし「エントリー」と「正式出願」の区別を間違えないように気をつけて。

 

正式出願は8月1日以降が原則となっている。

 

志望理由書や面接では、学ぶ意欲や目的意識が重視されることが多いので、自分が将来どうなりたいのか、そのためにこの学校で何をしたいのかを考えておこう。

 

自分の進むべき道に向かって、入学前課題にもしっかり取り組む意志のある人が望ましい。

 

ちなみに、オープンキャンパスへの参加は原則必須!

 

推薦入試

専門学校では、この推薦入試が中心となると考えていいだろう。

 

推薦入試は、高校の推薦状が必要となる入試方法。

 

公募推薦と指定校推薦があり、多くの場合は専願(1校のみに絞り込んで出願すること)のみの受け付けとなるので確認が必要。

1 2 3次のページ
スタディサプリ進路の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy