体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

もしもしにっぽんフェステバル タワーレコード

ジャパニーズポップカルチャーを世界に向けて発信する“もしもしニッポンプロジェクト”が仕掛けるジャパニーズポップカルチャーの祭典「MOSHI MOSHI NIPPON FESTIVAL 2018 in SHIBUYA」が3月24日、25日に渋谷・原宿エリアで開催されました。

 

 

複数ある会場のうち、タワーレコード渋谷店では「Featuring Japanese new music『MOSHI MOSHI MUSIC FESTIVAL』」と題した音楽イベントを実施。B1FのCUTUP STUDIOではシーンにおいて影響力のあるアーティストや、新たな才能をフックアップしてきた音楽メディアがオフィシャルキュレーターとなり出演アーティストを選定しました。

 

MANON

1日目のCUTUP STUDIOには、アソビシステム期待の新人・MANONや、音楽メディア「Spincoaster」がオススメするSIRUP、大比良瑞希 with 小林うてな、The Wisely Brothersがライブアクトとして登場。

 

SIRUP

注目のR&BアーティストSIRUPは、甘い歌声とメロウなビートで酔わせながら場内を温めます。

 

24日大比良瑞希with小林うてな MOSHI MOSHI NIPPON FESTIVAL 2018 24日The Wisely Brothers

大比良瑞希はスティールパン / マリンバ奏者の小林うてなとの共演セットでエキゾチックな音像を浮かび上がらせ、The Wisely Brothersは女性3ピースバンドながら骨太なガレージロックで新時代のガールズパワーを感じさせてくれました。

 

MCでは「MOSHI MOSHI NIPPON」にちなんで日本の好きなところについて「マンガがたくさんあるところ」と話す場面も。

 

_MNP8814 copy

 

_MNP8856 copy

後半はZeebraと八文字の司会のもと、ヒップホップ専門ラジオ局「WREP(レップ)」がプロデュースするMCバトル。会場の中から選ばれた観客4名がそれぞれチームの監督となり、総勢12人のバトルMCから人選をしてチームを構築。

 

 

_MNP8759 copy
1 2次のページ
HARAJUKU KAWAii!! STYLEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。