体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

光合成をする意識高めなタイヤ

光合成をする意識高めなタイヤ

自然界のイイところを商品開発に取り入れるのが上手なタイヤメーカー、「Goodyear」。

今月発表したのは、生きるタイヤでした。

光合成を利用して
酸素を生み出す

光合成をする意識高めなタイヤ

「Oxygene」と名付けられたコンセプトモデルの内部には、苔が生息しているようです。

端的に言ってしまえば、その光合成を利用し、酸素を生み出すのが狙い。

また、タイヤに搭載されているAIが、道路上の水分を吸い上げ、苔にとってベストな環境を整えることで、その成長をサポートするシステムもあるのだとか。

そして、自家発電ができるというスペックも。

自分でエネルギーを作り、生活環境を整え、呼吸をしながら成長する。まるでタイヤに命を吹き込んだような開発です。

これまでタイヤメーカーの環境問題に対するアプローチは、低燃費タイヤの生産とリサイクルの推進という2つがメインでした。

だけど、「Goodyear」が始めようとしているのは、第3の道になりうるのかもしれません。

ちなみに、パリを走る250万台の自動車に「Oxygene」を履かせたら、苔は4,000トン以上の二酸化炭素を吸収し、だいたい3,000トンの酸素を生み出すそうです。Licensed material used with permission by Goodyear

関連記事リンク(外部サイト)

走っている間に自動で空気が入る自転車用タイヤチューブ「Pumptire」
縦列駐車や車庫入れが驚くほどラクになる!360度「どんな方向」にも走れるタイヤがすごい
ある「食物のゴミ」が、タイヤに最適な材料らしい。

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。