体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

リンキン・パークのマイク・シノダ、6/15にソロ・デビューAL発売 先行シングル2曲リリース

リンキン・パークのマイク・シノダ、6/15にソロ・デビューAL発売 先行シングル2曲リリース

 2018年3月29日、リンキン・パーク(LP)のマイク・シノダがソロ・デビュー・アルバム『Post Traumatic』を6月15日に発売することを発表し、先行シングルとして「Crossing a Line」と「Nothing Makes Sense Anymore」をリリースした。

 シノダは今年1月末に『Post Traumatic』と題されたソロ・デビューEPをリリースしている。“心的外傷後”という意味のこの作品は、昨年7月に亡くなったLPのフロントマン、故チェスター・ベニントンの死と向き合いながら書かれたものだった。

 彼のソロ作品にはLPの特徴的サウンドでもあるロックとヒップホップの融合もフィーチャーされているが、バンドが移行しつつあったよりポップでエレクトロな要素も積極的に取り入れている印象だ。

 ソロ・アーティストとしてのシノダの初ライブは5月に開催される【Identity LA Festival】で、夏には英国の【レディング&リーズ・フェスティバル】にも登場する予定になっている。

◎「Crossing a Line」MV
https://youtu.be/I2sRc3j7IU0

◎「Nothing Makes Sense Anymore」MV
https://youtu.be/xMTsul4UFl8

関連記事リンク(外部サイト)

リンキン・パークのマイク・シノダ、故チェスターをホログラムで再現する提案に嫌悪感
リンキン・パークの故チェスター・ベニントン、検視結果の詳細が明らかに
リンキン・パーク、ライブ盤の発売に先駆け「クローリング」の映像を公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。