体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Gotch、2ndALより「Baby Don’t Cry」のMV公開&都市型フェス【THE M/ALL】への出演が決定

Gotch、2ndALより「Baby Don’t Cry」のMV公開&都市型フェス【THE M/ALL】への出演が決定

 Gotchこと後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)による2016年発表の2ndアルバム『Good New Times』から「Baby Don’t Cry」のミュージック・ビデオが公開された。

 地方都市の女の子が抱く憧憬とメランコリーを優しいまなざしで歌うミッド・テンポのバラード「Baby Don’t Cry」は、Gotch & The Good New Timesのライブでも終盤の盛り上げに欠かせないおなじみの楽曲。『Good New Times』のリリースツアーに先んじて行われたBillboard Live TOKYOでの公演や、リリースツアーのファイナルとなったTSUTAYA O-EAST公演での演奏がこれまでに映像化されている。今回ミュージック・ビデオは映像作家・中野道氏が監督を務め、Gotch自身が出演。7分間に渡る楽曲の優しさと憂いを内包した世界観が反映されたショートフィルムとなっている。

 また、5月26日には、渋谷で開催される“音楽×アート×社会をつなぐ都市型フェス”、【THE M/ALL(ザ・モール)】への出演も決定。出演について、Gotchからコメントも到着している。

◎コメント 全文
「MAKEとALLでM/ALL。サーチ&デストロイではなくて、自分たちで作りあげるのだという意思と姿勢だけが、世の中を変えてゆくのではないかと僕も思います。音楽はどうしたって、社会のなかで鳴り響く。社会が豊かでなかったら、音楽の響きも鈍くなる。僕にとって、より良い社会を求めることは、疑いなく自分の作品とつながっているのです。M/ALLというフィーリングがこれからのスタンダードになることを願います。 」
– Gotch –

◎「Baby Don’t Cry」MV:
https://youtu.be/7PnC2WdtTcY

◎Gotch「Good New Times」at O-EAST / Gotch & The Good New Times (Trailer):
https://youtu.be/uX-U8U6xipg

◎Gotch「Good New Times」at Billboard Live TOKYO / Gotch and The Good New Times:
https://youtu.be/nRsNs56QmEQ

関連記事リンク(外部サイト)

JJJ『HIKARI』、Gotch(後藤正文)設立“APPLE VINEGAR -Music Award-”第1回大賞を受賞
くるり【京都音楽博覧会】アルバム化! Gotch/田島貴男/UA/二階堂和美の「“生”歌謡ショー」も収録
Gotch(後藤正文)創設の音楽アワード選考会の模様を公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。