体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

キム・スヒョン主演映画『リアル』本編映像解禁

キム・スヒョン主演映画『リアル』本編映像解禁

 キム・スヒョン主演の話題作『リアル』が、4月14日の映画公開に先駆けて同氏が出演する本編冒頭の映像をネット上で一斉解禁、『リアル』公式サイトなどで視聴可能となった。

 アジア全土を席巻した大ヒットドラマ『星から来たあなた』や、映画『10人の泥棒たち』など話題作への出演が相次ぎ、甘いルックスだけでなく、その確かな演技力で、次世代のトップ俳優といわれるキム・スヒョン。本作では、これまでの好青年なイメージやクールなキャラクターとは異なる、金と野望にまみれたカジノのオーナー“チャン・テヨン”と、彼に瓜二つの“仮面の男”の二役を、大人の色気たっぷりに熱演した。

 今回解禁となるのは、キム・スヒョンが登場する本編冒頭のシーンで、野心溢れるカジノのオーナー、チャン・テヨン(キム・スヒョン)が、担当医師(イ・ソンミン)から“解離性障害”の疑いがあると告げられ、診察を受ける場面。

 医師から職業を尋ねられ、「会社経営者です」と冷静に答えるが、医師の鋭い観察に誘導され、次第に「近所のワルをボコボコにして、少年院に入った」など、闇の部分を含めた自らの生い立ちを語り始める。自分の力を誇示するように着ている洋服をすべて脱ぎ捨て、鍛え上げられた肉体を見せつけながら武勇伝を語る姿には、思わず引き込まれること間違いなし。

 先輩俳優であるイ・ソンミンに対峙するカリスマ感たっぷりの演技は、「これまでに演じたことのないとても粗い面を持っているキャラクターだったので、挑戦してみたいと思いました」と、本作出演の理由を語るキム・スヒョンの決意の一端も感じさせる映像となっている。

◎公開情報
『リアル』
2018年4月14日(土)よりシネマート新宿ほか全国順次ロードショー
(C)2017 COVE PICTURES CO., LTD ALL RIGHTS RESERVED.

関連記事リンク(外部サイト)

韓国x北朝鮮x米国の国家組織を巻き込むクライム・アクション『V.I.P. 修羅の獣たち』6/16公開決定
【K STORM】“飾らないリアル”をラップするシンガーソングライター、Heize(ヘイズ)躍進の理由…日韓音楽コミュニケーター筧真帆が韓国音楽の新鋭を紹介
韓国ジャズ界の歌姫Moon、日本ソロ・デビュー・ライブが開催決定

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。