体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Dr. DOWNER、5年ぶりとなるアルバム『Goodbye, bright city』リリース決定

Dr. DOWNER、5年ぶりとなるアルバム『Goodbye, bright city』リリース決定

Dr.DOWNERが5年振りとなるニュー・アルバム『Goodbye, bright city』をリリースする。

ニュー・アルバム『Goodbye, bright city』は、4月25日(水)にライブ会場先行のCD販売を開始、4月27日(金)には、アルバム全曲配信、6月6日(水)には店舗でのCDリリースが決定。Stephen Marcussenが全曲マスタリングを手掛けており、2016年に配信された「MAYONAKA」もリマスタリングして新たに収録している。

また、本日(3/30)より、アルバム収録曲「そんな朝」「Kurage」「MAYONAKA」3曲の先行配信がスタート。Vo&Gt猪股ヨウスケが監督を手掛けた「そんな朝」のMVも公開されている。

3ピースとなった彼ら初の、5年ぶりとなる3rdアルバム『Goodbye, bright city』は、日々の生活を音にして突き進むDr.DOWNERの集大成的作品。”さようなら、輝く街”というタイトルとともに、変われないもどかしさと、変わらない圧倒的な強さを併せ持つDr.DOWNERの泣きのメロディが、Vo&Gt 猪股ヨウスケの描く歌詞の世界観によって圧倒的なグルーヴ感を生み出す新作となっている。己の音楽を信じ続け、ドン底の世界から光を見つめた全9曲。現代に生きるすべての人々に贈る、超強力アルバムの完成。

アルバム「Goodbye, bright city」に寄せた 猪股ヨウスケ (Vo&Gt) のコメント

悲しい事や悔しい事ばかり覚えていて楽しかった事は忘れてしまいがちですが、
楽しい事があったのは本当のことだし、それでもオレたちの毎日は続いて行きます。
今回、世に出した曲たちがみんながみんな共感する物なのか分からないけれど、沢山の人に聞いてほしいなあと思う。
Dr.DOWNER, Vo & Gt / 猪股ヨウスケ

悲しみが溢れる世界でも、生きているときっと良いことがある、今、自分たちは闇の中にいるけれど、光が見たい、だから歌を歌い、演奏するんだ、という、切なさと孤独感が満載のサウンド。そして、俺たちには音楽しかない、という強い意志。メンバーチェンジを経て、心機一転再び横須賀から這い上がっていくDr. DOWNERのニュー・アルバムに期待しよう。ライヴ情報等はオフィシャル・ウェブサイトまで。(岡)

・Dr.DOWNERオフィシャル・ウェブサイト
http://drdowner.com

■アルバム情報
『Goodbye, bright city』 (グッバイ、ブライトシティー)
Dr.DOWNER(ドクターダウナー)

2018/3/30 (金) 「そんな朝」「Kurage」「MAYONAKA」 3曲先行配信&iTunes先行予約スタート
 ※iTunesでアルバムの予約注文をすると先行配信の3曲を先行で入手可。
2018/4/25(水) CDライブ会場先行販売スタート
2018/4/27 (金) アルバム全9曲配信スタート
2018/6/6 (水) CD店頭発売日
CD: ODCP-018 | 2,037円+税発売:only in dreams |販売 : 株式会社FABTONE

『Goodbye, bright city』 (全9曲収録)
1. そんな朝
2. モーニングストレンジャーズ
3. 1999
4. ウェザーニュース
5. Kurage
6. MAYONAKA
7. 冥土September
8. Sad Song
9. グッバイ、ブライトシティー

Produced by Dr.DOWNER
All words written by Yosuke Inomata / All songs written by Yosuke Inomata
Recorded by Michifumi Onodera
Mastering : Stephen Marcussen

『そんな朝』

https://youtu.be/hFeWJj-NoGU
Dr. DOWNER、5年ぶりとなるアルバム『Goodbye, bright city』リリース決定

エンタメ
OTOTOYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy