体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

歯磨きの重要性を甘くみていた私。まさか虫歯……が、現実になってしまった

f:id:akasuguope01:20171220204652j:plain

我が子の歯が生え始めたのは生後5ヶ月頃のことでした。歯が生えたら、笑顔の印象もかわるのかなぁ、どんなだろう〜と楽しみにしていた私。小さい白い歯が見えたときは「成長してくれているぅ!」と感動し、我が子への愛しさでいっぱいになりました。

歯が生えてくるとやはり歯磨きに関心がいくと思います。ただ、私は仕事が忙しくいっぱいいっぱい、旦那は赤ちゃんの遊び相手はしてくれるものの子育てに対しては一切私に任せきり。

そんな状況でしたので、私はなんで役所からこんなに歯磨き指導の冊子がくるんだろう?というくらいの認識レベルで、歯磨きをしなければという意識がなかったのです。

1歳半健診で虫歯がなく、ほっとしたのが油断の始まりでした。だんだん周りの影響でチョコレートなどを口にするようになった頃、私の仕事の忙しさがピークになり、夜の作業中など子供を旦那に任せていることが多くなりました。

そして、ねんねの時間になったら作業を中断し添い乳で寝かしつけ。これが習慣になってしまったところ、白い歯に茶色い点を見つけたのです。

まさか虫歯……は、現実になってしまいました。

私は知らなかったのですが、旦那は自分のスプーンでスープをあげたりしていたのです。しかも甘いものを食べさせた後そのまま寝室に連れて来て、私も疲れきってそのまま授乳するという見事なまでに虫歯を呼び込む環境をつくりあげてしまっていました。

おまけに歯磨きの重要性に気づいたときには、時すでに遅し。自我がめばえだした赤ちゃんは全力で嫌がり、へとへとの夜の時間帯に歯磨きでさらに体力を使い果たし、毎日くたくたになってしまいました。

これがこの先ずっと続くのだろうか…、そう考えたときの絶望感。すべての気力も失われるような、ギリギリの精神状態です。 関連記事:地獄のようだった歯磨きタイムが超快適に!歯磨きイヤイヤ期の救世主あらわる by マルサイ

しかし、3歳になった今では歯磨きの歌に合わせて、自分から歯磨きもしてくれるし、仕上げ磨きもさせてくれるようになりました。あの頃の絶望していた自分に、ずっとは続かないから大丈夫だよ!と言ってあげたいです。

そしてもし二人目があるなら、寝る前は必ず歯磨きしてから!を徹底したいと思います。 関連記事:1歳11ヶ月で虫歯になってしまった!歯医者選びが大切だと感じた出来事

f:id:akasuguope01:20171220204726j:plain

著者:hana

年齢:35歳

子どもの年齢:3歳

ヨガ講師をしながら、3才男子の育児に奮闘中です。厳しいなかでも、元気いっぱいの3才息子は、どんどんたくましく育ち私を助けてくれるように。へたれる暇なく、できることを全力でやる姿を見せて力強く生きています♪

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

最初は濡らしたガーゼで小さな歯をふきふき。素早く歯磨きに慣れてくれました
いよいよ双子育児スタート。双子の授乳は母子ともに眠気との戦い!? by pika
どの方法が正解なの!? 赤ちゃんの歯磨き、我が家のステップアップ法

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。