体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

韓国空軍向けF-35A初号機が完成

韓国空軍向けF-35A初号機が完成

 2018年3月28日(現地時間)、韓国空軍向けのF-35A初号機がロールアウトし、アメリカのテキサス州フォートワースにあるロッキード・マーティンの工場で記念式典が行われました。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 初号機ロールアウト記念式典には、韓国からソ・ジュソク国防部次官、空軍参謀次長を務めるイ・ソンヨン中将ら、アメリカからはエレン・ロード調達・技術・兵站担当国防次官、ハイディ・グラント空軍省国際協力副次官、ロッキード・マーティンのマリリン・ヒューソンCEOら、関係者約450名が出席しました。

 式典では、韓国のソン・ヨンム国防長官がビデオメッセージで「本日、韓国空軍最初のF-35がロールアウトし、ほんとうに大きな意味を持つ日となりました。この世界最強の戦闘機は、韓国の領空を防衛してくれるでしょう。F-35は韓米空軍の強い連携を示す象徴であり、空軍における、陸軍の作戦を支援する任務(CAS)における大きな助けともなります」と祝辞を述べました。

 F-35プログラム責任者を務める、マット・ウィンター海軍中将は「今回、2018年内に6機納入される予定の韓国空軍向けF-35、その最初の1機を納入できたことは、F-35プログラムにおける大きな一歩となりました。アメリカ空軍と韓国空軍が手に手を取って国防を担う面において、F-35はゲームチェンジャーとなる能力を持っています。個人的にも、両国政府や工業に関わるみなさんの尽力によって、このマイルストーンに到達したことをお祝いします」と、韓国空軍向けF-35A初号機のロールアウトに際し、祝辞を述べています。

 マット・ウィンター海軍中将の言の通り、2018年のうちに韓国は6機のF-35Aを受領する予定です。この初号機は、韓国空軍のパイロット・整備員教育が行われるアリゾナ州のルーク空軍基地に移動し、機種転換訓練に供されます。実際にF-35Aが運用される韓国空軍の清洲(チョンジュ)基地には、2019年に到着する予定。韓国空軍では、2021年までに全部で40機のF-35AをFMS(対外有償軍事援助)で調達する予定です。

Photo:Lockheed Martin

(咲村珠樹)

関連記事リンク(外部サイト)

イギリス海軍のヘリ空母、女王に見送られて退役
1964年東京オリンピック開会式を支えたブルーインパルス編隊長らのスペシャルインタビュー公開
沖縄のアメリカ海兵隊で恒例のミリタリー版「料理の鉄人」開催

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。