体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アレンジの出来を変える!定番フィッシュボーンを使って、毛束のほぐし方をじっくり解説

アレンジの出来を変える!定番フィッシュボーンを使って、毛束のほぐし方をじっくり解説

分からない人必見!毛束のほぐし方について

分からない人必見!毛束のほぐし方について

編み込み系のヘアアレンジを解説していると、「ほぐし方が上手くいかないよー!」というご意見をよくお聞きします。人気のナチュラルアレンジには必須の工程ですが、やり方がいまいちわからないという人が多いようです。そこで今回は、フィッシュボーン編みを使って、この「どうすれば良いの?」のヒントを与えちゃいます♪

ちなみにこのフィッシュボーン。見た目の複雑さからセルフアレンジではスルーされがちですが、作り方はとても簡単なので実は初心者向け、覚えておいて損はないデザインだと思います。そしてこのデザインのもう一つの特徴が、独特の束感。ほぐしたときにきれいな動きが出るのでぜひ取り入れてみてください。

ほぐし方のヒントは360°のこだわり

ほぐし方のヒントは360°のこだわり

まずは基本的なフィッシュボーンから説明しますね。
1. 毛束を2つに分けます。

2. 片方の毛束の端から少し分け取ります。

3. その毛束を反対側へ足します。

4. これを左右交互に繰り返すと、4の写真のように編めます。

では、ここからが今回のメイン!毛束のほぐし方について。
5. こちらが編み終わってすぐの状態です。

6. まずは毛束の端を細く引き出します。等間隔で丁寧に引き出していくとキレイです。癖がないシンプル仕上がりを目指すならこれで完成でもオッケーです。

7. 次は違う方向、縦方向からもほぐします。これによってどの角度からも立体感が出て、よりフワフワに仕上がります。

8. ほどよく間隔を空けながら、裏表ともにほぐせば出来上がり!

ここまでボリュームが出せたらこれだけでメインデザインになります。ぜひお試しください。

美容師/福原慶之(intim hair)

AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。