体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「エァスィンズ」はどこ?英語の発音とカタカナ表記がすごく違う世界の都市名を探してみた

アテネは「エァスィンズ」!?カタカナと英語読みが全く違う世界の都市名
海外旅行などで外国に行って、「国際共通語」とも言える英語をカタコトで話そうとするとき、都市名を表す英単語の発音に戸惑ってしまう場面はありませんか? 自分の知っているカタカナ読みと、英語読みが全く違ってよく分からない、といったような・・・。

そこで今回は世界の有名都市の中から、英語の発音と日本語のカタカナ表記が大きく異なる場所をピックアップしてみました。

 

(カタカナ)ウィーン→(英語)ヴィエナ

アテネは「エァスィンズ」!?カタカナと英語読みが全く違う世界の都市名
最初はオーストリアの首都ウィーン。「音楽の都」としても世界的に知られていますが、英語での表記は「Vienna」で、発音は「ヴィナ」と言った感じ。太字にした部分にアクセント(強く発音する)が来ます。どうしてウィーンとヴィエナ、こんなに違うのでしょうか。

そもそもオーストリアの国語であるドイツ語では、首都を「Wien」と表現しています。ドイツ語「Wien」の発音記号を調べると「viːn」、カタカナで書くと「ヴィーン」といった感じです。当たり前と言えば当たり前ですが、ウィーンというカタカナ読みは、ドイツ語の発音をそのまま音写して表現しているのですね。

アテネは「エァスィンズ」!?カタカナと英語読みが全く違う世界の都市名
では、どうして英語では「Wien」のつづりが「Vienna」になり、発音も変わるのでしょうか。

ドイツ語に詳しい知人に聞くと、ドイツ語では子音の「W」の発音がなく、「W」を「V」のように発音するといいます。「ウィーンの」という意味のドイツ語「Wiener」が英語化して「Viener」→「Vienna」となり、いつの間にか首都そのものを指すようになったのかもしれませんね。

 

(カタカナ)アテネ→(英語)エァスィンズ

アテネは「エァスィンズ」!?カタカナと英語読みが全く違う世界の都市名
次はギリシアの首都アテネ。英語表記だと「Athens」で、発音は「エァスィンズ」となります。われわれの知る「アテネ」とはほど遠いですよね・・・。この違いは何なのでしょうか。

手元にある『記者ハンドブック』(共同通信社)の外国地名一覧を見ると、一部の新聞では「アテネ」と表記するように書かれています。その横には「Athinai」という謎の表記も。これがヒントになりそうですね。

調べてみると「Athinai」はギリシア語「Αθηναι」のローマ字表記で、音をそのままカタカナ表記すると「アスィナイ」になるのだとか。

一方で『Oxford English Dictionary』のウェブ版によると、「Athinai」を英語流に発音すれば「アスィネ(aˈθine)」になると書かれています。ギリシア語「θ」と英語「th」の音は日本語にはないので「t」に変えてしまうと「アティナイ」「アティネ」になります。なんとなく「アテナイ」「アテネ」という感じですね。

やはりウィーンと同じで、アテネに関しても現地の単語の音を直接、カタカナ表記しているみたいですね。

アテネは「エァスィンズ」!?カタカナと英語読みが全く違う世界の都市名
 

(カタカナ)ジュネーブ→(英語)ジェニーヴァ

アテネは「エァスィンズ」!?カタカナと英語読みが全く違う世界の都市名
(C)Roman Babakin / Shutterstock.com

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy