体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ベッドサイドの「木漏れ日ランプ」に癒される(しかも便利)

ベッドサイドの「木漏れ日ランプ」に癒される(しかも便利)

木漏れ日って、他の言語ではなかなか訳せないってきいたことがある。

でも、葉っぱと葉っぱの間から溢れた光がまだら模様になって揺れているのって、どれだけ見ていても飽きない魅力があるもの。そんな光が、いつでもお家で楽しめるようになったそうで。

安らかな夜も、爽やかな朝も。

ベッドサイドの「木漏れ日ランプ」に癒される(しかも便利)ベッドサイドの「木漏れ日ランプ」に癒される(しかも便利)

照明のデザインは形状をデザインしたものばかりですが、
このライトは形状よりも影をデザインしました。

ベースから伸びる枝には、鍵やアクセサリなどを掛けることもでき、
実用性もばっちりです。

ベッドサイドの「木漏れ日ランプ」に癒される(しかも便利)

柔らかな光がたゆたう中で、読書したり、音楽聴いたり。ベッドルームがグッと上質になること、間違いなし。

明かりをつけていなくても可愛らしい見た目なので、部屋に緑が欲しいけど植物は手間が…って人にもオススメしたい。ベッドサイドの「木漏れ日ランプ」に癒される(しかも便利)ベッドサイドの「木漏れ日ランプ」に癒される(しかも便利)

こちらのForesti(フォレスティ)テーブルランプの方は、お値段22,000円。このほかに、天井から吊り下げる、より本格的な照明も。スイッチひとつで優しい情景に包まれることができる。一人でも、誰かと隠れ家的な空間を楽しんでも、いい時間を過ごせそう…。ベッドサイドの「木漏れ日ランプ」に癒される(しかも便利)ベッドサイドの「木漏れ日ランプ」に癒される(しかも便利)Licensed material used with permission by DI CLASSE

関連記事リンク(外部サイト)

何かを得るためには、何かを手放さなければならない。
見た目ほとんどエイリアンな間接照明。
丁寧な暮らしを「一人暮らし」で実現するための5つの習慣

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。