体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

2018年の花見シーズンにスマホカメラで桜を綺麗に撮る方法

3 月も終盤を迎える日本は今、「桜」シーズン真っ盛りといったところでしょうか。
私の住む福岡はもう満開を迎えており、今年は運良く晴れ続きの天候なので今週は様々な花見スポットが人で賑わうと思います。
桜の見頃は地域によって変わってきますが、Google は Google マップのアプリを通じて人気・有名な花見スポットを公開しており、各スポットの開花状況やそこで催される花見関連のイベントを簡単に探すことができます。
桜は日本の至るところに植わっているので、Google マップで公開されていない場所でもお花見はできますが、Google マップに掲載されるような有名スポットになると照明が完備されている所も多く、そうしたスポットだと夜桜も満喫できると思います。
桜を見ると無性に写真を撮りたくなりますよね。
最近のスマートフォンカメラはデジタルカメラ並みの性能と画質を有しているのでスマホカメラでも桜を綺麗に写せます。
しかし普通に撮影すると失敗することもあるので、ここではスマートフォンを使って桜を綺麗に撮影する Tips を 2 つご紹介します。
1 つ目は太陽に背を向けるか逆光にならない程度まで角度をつけて撮影することです。
こうすることで空の青に桜の白やピンクが映えより一層美しく見えます。
一眼レフカメラだとマニュアルモードやフィルターを使用することで、逆光時の露出オーバー等を抑えることができますが、スマートフォンの機能は乏しくまた、スマートフォン向けのフィルターはあってもほとんど使えません。
手軽かつ綺麗に撮影するには太陽の向きを気にしてみてください。
2 つ目ですが、これは機種によって出来る出来ないが分かれます。
最近のスマートフォンの多くには背景をぼかす機能があり、これを使用すると桜の風景を幻想的な仕上がりにすることができます。
この時、桜をよく強調させるにはピントを当てる部分を枝一本ったり、思いの外接近して撮影すると上手くいきます。

■関連記事
「AirRadio」ならスマホで航空無線を聴ける
Microsoft EdgeがAndroidタブレットに最適化
Apple、Apple Pencilに対応した新しい9.7インチiPadを発売

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。