体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スマホとは思えない映像!映画撮影をサポートするアナモルフィックレンズ、Momentから登場

スマホを本格カメラにすると評判のMomentの取り付けレンズ。クラウドファンディングサイトKickstarter発の大人気商品で、広角、マクロ、望遠、魚眼と広くカバーしている。

そのMomentが、今度はアナモルフィックレンズを発表した。映画のようなワイドスクリーンが撮れるというものだ。

・1.33倍横長に

映画でよく目にする、画面の上下に黒い帯が入った映像。そんな横長映像の撮影を可能にするのがMomentのアナモルフィックレンズだ。通常の1.33倍横長に撮れる。

イベントや、あるいは広大な風景などをシネマティックに撮りたいという時に活躍する。アナモルフィックレンズ搭載のカメラというとプロ向けだが、スマホでも同じような撮影を可能にした。ソフトウェアでビデオや写真のアスペクト比を転換することもできる。

・ケースやジンバルも

今回、Kickstarterではこのアナモルフィックレンズの他に、スマホ機種に合わせたケースやジンバルも「フィルムメーカーコレクション」として開発。iPhone X用のケースはバッテリー内蔵となっている。

「えっ、これスマホで撮ったの?!」という映像が撮れること間違いなしのこのコレクション、Kickstarterに登場したところたちまち人気を集め、すでに最安値パッケージは売り切れ。現在は119ドル(約1万3000円)〜となっている。

レンズとケース(Pixel、Galaxy、iPhone用から選択)のセットは145ドル(約1万5000円)〜、バッテリーを搭載したiPhone X用ケースは79ドル(約8400円)〜となっている。

資金調達の目標額は達成し、商品化はほぼ確実。4月20日まで出資を受け付けたのち、6月にも発送が始まる見込みだ。

Moment/Kickstarter

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。