体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【炎上】立憲民主くんの問題発言が「枝野幸男が話したこと」にされて枝野幸男がブチギレ激怒

edano

立憲民主党本部に出入りするほど、立憲民主党と深い繋がりがあるといわれているキャラクターの「立憲民主くん」がTwitterで問題発言をして炎上している件で、新たな展開があった。

・問題発言をして炎上した立憲民主くん
立憲民主くんはTwitterに「刑事訴追を理由に証言拒否することは、裏を返せば「はい、事実です」「やりました」と認めているということ。ある意味非常にわかりやすい」と書き込みし、多くの人たちから「人権無視した発言だ」「まともな日本人がこんな法律違反なコメントするはずない」などと強いバッシングを受けていた。

・枝野幸男氏がブチギレ激怒
そんななか、ひとつの問題が発生した。一部の人の誤解により、立憲民主くんの問題発言が枝野幸男氏(53歳)が話したことになっており、インターネット上で拡散。それに対して枝野幸男氏がブチギレ激怒。自身の公式Twitterで「訂正をお願いします」と書き込みし、不快感をあらわにしているのである。以下は、枝野幸男氏のTwitterコメントである。

・枝野幸男氏のコメント
「この書き込みでは私が「」内の発言をしたと受け取られますが、このような発言はしていませんので、訂正をお願いします」

刑事訴追を理由に証言拒否することは、裏を返せば「はい、事実です」「やりました」と認めているということ。ある意味非常にわかりやすい。#佐川宣寿 #証人喚問

— 立憲民主くん (@rikken_minshu) 2018年3月27日

この書き込みでは私が「」内の発言をしたと受け取られますが、このような発言はしていませんので、訂正をお願いします。 https://t.co/r9oLonmGbs

— 枝野幸男 (@edanoyukio0531) 2018年3月27日

fire2

・枝野幸男氏が話したものではない
立憲民主くんは猛烈なバッシングを受けているが、いまだにその書き込みを消すことはせず、炎上している事態を鎮火させようとはしていないようだ。ある意味、炎上を求めていたようにも感じられる。

今回の問題発言は立憲民主くんが話したものであり、枝野幸男氏が話したものではないので、誤解しないようにしよう。

fire3

もっと詳しく読む: 立憲民主くんの問題発言が「枝野幸男が話したこと」にされて枝野幸男がブチギレ激怒(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/03/29/correction-of-misunderstanding/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。