体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“NEOかわいい”ブームの予感!ガールズバンド・CHAIが圧巻のステージ

“NEOかわいい”ブームの予感!ガールズバンド・CHAIが圧巻のステージ
J-WAVEで放送中の「SAISON CARD TOKIO HOT 100」(ナビゲーター:クリス・ペプラー)。この番組のスペシャル・ライブ・イベント「J-WAVE SAISON CARD TOKIO HOT 100 FESTIVAL」が3月28日、新木場STUDIO COASTにて開催されました。

番組をいつも聴いてくれているリスナーに、日頃の感謝の気持ちを込めて行われている毎年恒例のこのライブ。今年の出演アーティストは、CHAI、在日ファンク、Ovall 、KICK THE CAN CREW(出演順)という豪華4組! ここではトップバッターを飾ったCHAIのステージの模様を紹介します。

双子のマナ(Vo/Key)、カナ(Vo/Gt)、そしてユウキ(Ba/Cho)、ユナ(Dr/Cho)による、いま大注目の4人組ガールズバンド・CHAI。この日もトレードマークであるピンクのステージ衣装で登場しました!

ライトがステージを照らすと同時にスタートしたのは「Sound & Stomach」。ゆったりとしたリズムながら、ハネるベースラインが心地よく、自然と体がノッてしまうナンバーです。曲中では、マナとカナが手をゆらゆらとさせるかわいらしいフリを見せる場面も。

「今日はみんな来てくれてくれてありがとう! 最後まで楽しんでいって!」とマナの掛け声で始まったのは「ボーイズ・セコ・メン」。ノイジーなギターと展開が読めないメロディに、世にいる“せこい(ずるい)”男からあなたを守る、といった独特の歌詞が特徴的なナンバー。オーディエンスも気持ち良さそうに体を揺らします。

続けて披露した3曲目は昨年にリリースされた初のアルバム「PINK」の宣伝を曲にしたという遊び心満載のナンバー。マナとカナがアルバムを手に持ってオーディエンスにアピールしました。そしてそのまま、アカペラで歌い始めたのはMR BIGの名曲「TO BE WITH YOU」の替え歌!

歌詞は彼女たちのコンセプトでもある「NEOかわいい」をテーマにした内容。オーディエンスも手拍子で盛り上げます。ここでは4人全員が前に出てキュートなダンスで楽しませてくれました!

180329_CHAI003.jpg

ここでマナは、「自分は目がたぶんとても小さい」、「たぶん足がすごく短い」とオーディエンスに話します。しかし、そういったコンプレックスが個性であり、かわいいところ。つまりそれが「NEOかわいい」の意味であることを、カナとの絶妙な掛け合いで説明しました。

「みんな素晴らしい! そう思うでしょ!」と問いかけるマナに大きな歓声と拍手で応えるオーディエンス。そこから“NEOかわいい”をテーマにした4曲目「N.E.O」に突入。疾走感とグルーブ感溢れるロックなナンバーに、フロアはノリノリです!

勢いそのままに「クールクールビジョン」を披露。ここではベースのユウキがキーボードを演奏。女の子4人が出しているとは思えない太いグルーブに会場の空気もビリビリ!

最後は「sayonara complex」を披露し、ステージを後にしたCHAI。今後の音楽シーンに“NEOかわいい旋風”を巻き起こす予感がビシビシ伝わったステージでした!

180329_CHAI002.jpg

今回のライブの模様は、4月1日(日)放送のJ-WAVE「J-WAVE SAISON CARD TOKIO HOT 100」内でオンエア予定です。ぜひチェックしてみてください! またMCでユナから、J-WAVEで放送中の深夜のロック・プログラム「THE KINGS PLACE」の月曜ナビゲーターを担当することが発表されました。1回目のオンエアは4月2日から! さらに4月27日に行われる「J-WAVE “THE KINGS PLACE” LIVE vol.14」の出演も決定しています! こちらも要チェックです!

【番組情報】
番組名:「SAISON CARD TOKIO HOT 100」
放送日時:日曜13時−16時54分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tokiohot100/
Twitter:https://twitter.com/tokio_hot100

【セットリスト】
01. Sound & Stomach
02. ボーイズ・セコ・メン
03. 自己紹介
04. N.E.O
05. クールクールビジョン
06. sayonara complex

Text: 溝端 隆三

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。